ワンピース【第1008話】ネタバレと考察・感想!おでんはカン十郎の作った偽物だった!!

ワンピース【第1008話】ネタバレと考察・感想!おでんはカン十郎の作った偽物だった!!のアイキャッチ画像
最新刊を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年17号(3月29日発売)の『ワンピース』第1008話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第1007話第1008話第1009話

ワンピース【第1008話】のあらすじ・ネタバレ

突如錦えもんたちの前に現れたおでん!

おでんとの再会に喜ぶ中、アシュラ童子と雷蔵はおでんが偽物であると主張します。

試しにアシュラ童子がおでんの顔を斬ってみせると、一滴の血が出ませんでした。

このことから、カン十郎の作った偽物であることが判明!

偽おでんは懐に隠した爆弾に火を点け、錦えもんたちを一網打尽にしようとしますが、アシュラ童子が足止めします。

アシュラ童子のおかげで全滅を免れた錦えもんですが、代わりにアシュラ童子が爆発に巻き込まれてしまいました…

カン十郎にトドメを刺すべく錦えもんたちは走り出しますが、その行く手にはジャックが立ち塞がります!

ジャックの相手をイヌアラシに任せ、一同は先を急ぎました…

さらに、城の各所で火事が発生!

火を放っている犯人は、死んだはずのオロチでした!

オロチは城内の人間を皆殺しにするべく、人知れず行動中。

一方、屋上ではルフィたち最悪の世代がビッグ・マムとカイドウの四皇相手に戦っている最中でした。

人獣化したカイドウの圧倒的な実力を前にして、手も足も出ないルフィたち…

まずは四皇のうちどちらか一人を引き離す作戦に出ます!

おでんはカン十郎の作った偽物

錦えもんのいる宝物殿では突如としておでんが現れました!

おでんが言うには、

「トキの能力で未来へ飛んできた」

とのことで、続けてカイドウを倒しに行くよう錦えもんたちに告げます。

錦えもんたちはおでんが生きていたことに涙して喜びますが、アシュラ童子と雷蔵はおでんが偽物だと主張しました。

「待てお前ら!!!ニセ物に決まっとるど!!!」

「錦えもん トキ様は言った…!!」

「『人は決して過去には戻れない』!!!」

「トキ様の力は未来へ行く力!! あの日おでん様は死んだ!!!」

「それは未来へ行こうと変わらぬ事実でござる!!」

アシュラ童子はおでんの顔を刀で斬るも、血は一滴も出てきません。

このことから、おでんはカン十郎の作った偽物であることが分かりました。

また、カン十郎は偽おでんを通じてさらなる目的の達成を宣言します。

カン十郎はモモの助を狙う

カン十郎は偽おでんを通じて、

「『光月家』の『心臓』は突いて死ぬ!!! 『黒炭カン十郎』としてな!!」

と、モモの助を狙っていることを錦えもんたちに告げました。

その直後、偽おでんは懐に忍ばせた爆弾の導火線に火を点けます!

錦えもんたちを爆発で一網打尽にしようとする算段ですが、これに気づいたアシュラ童子が偽おでんの足止めを買って出ました。

アシュラ童子は偽おでんを掴んで宝物殿の外に飛び出し、錦えもんたちを爆発から守りました!

しかし、代わりにアシュラ童子は黒焦げに…

錦えもんたちはその場を後にし、カン十郎のもとへ急ぐのでした。

その道中、宝物殿へと向かっていたジャックと遭遇!

イヌアラシがジャックとの戦いを引き受けました。

オロチが城中に放火する

城内ではいたるところで火事が発生していました。

その原因は、死んだはずの黒炭オロチ!

カイドウの裏切りに怒りを燃やし、手あたり次第に火をつけていきます。

誰にも悟られないよう、オロチの姿を見た者は配下の福ロクジュに殺害させ、人知れず活動していました。

ルフィたちはビッグ・マムとカイドウを分断させる策を練る

屋上ではルフィたち最悪の世代とビッグ・マムとカイドウの四皇が戦闘中!

ルフィは何度も突っ込んでいくも、その度に吹き飛ばされてしまいます。

あまりの戦力差を見たローは、四皇を一度に相手にするのではなく一人引き離して分断するべきだという意見を出し、ゾロもそれに同意。

それだけの戦力差が生まれたのは、人獣化したカイドウがいるため!

元々の強靭な肉体に龍の性質を備えた今のカイドウとビッグ・マムのコンビを倒すことはできるのでしょうか!?

ワンピースの最新刊を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ワンピース98巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ワンピース』の最新刊(98巻)を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ワンピース【第1008話】の考察・感想

おでんが生きているかと思いきや、カン十郎の偽物だったとは…

さらに、おでんの人望を利用したカン十郎の卑劣な罠にはまってしまい、アシュラ童子が犠牲になるという悲惨な事態になってしまいました。

一方で、城内では死んだはずのオロチが城中に火を放ち、屋上ではルフィたちが四皇相手に苦戦中…

今回だけで、物語が大きく動きそうですね!

ここで疑問になるのが、なぜオロチが生きていたのか?、ルフィたちがビッグ・マムとカイドウを分断するなら誰が誰の相手をするのか?

それぞれ考察してみましょう!

オロチは悪魔の実の能力で生きていた

オロチが生きていた理由ですが、これはヘビヘビの実『モデル:ヤマタノオロチ』によるものだと考えられます。

ヤマタノオロチですが、これは8つの頭と8本の尾を持つ空想上の生物です。

このことから、オロチは最低でも8回、首を切り落とさないと死なないのではないでしょうか。

死ぬまでは、首を切った断面から首が生えてきていると思われます。

ただ、これはあくまでも『首を切ったら』という条件のもと復活していると考えられるので、例えば体を左右で真っ二つにしたり、爆発したりして殺せば復活できない可能性が高いです。

ヘビヘビの実『モデル:ヤマタノオロチ』は幻獣種に分類される希少な悪魔の実。

なので、カイドウもその能力を詳しく知らずにオロチの首を切り落としたのでしょう。

ルフィとゾロがビッグ・マムを、ロー・キッド・キラーがカイドウの相手をする

ルフィたちと四皇たちとの戦いですが、ルフィとゾロがビッグ・マムローとキッド、キラーがカイドウの相手をすると考えられます。

ルフィは電撃が、ゾロは炎を無効化できるのでビッグ・マムの相手にはうってつけ!

雷を使うゼウスと火を使うプロメテウスをほぼ無力化できるのは嬉しいですね!

ただ、ナポレオンの能力が依然として不明なのが不安要素ではあります。

目や口がついているあたり、噛みついてきたり、最悪の場合完全に自立して行動する可能性があるので要注意です。

ローは『ガンマナイフ』で、キラーは『鎌阿音撃(カマアソニック)』カイドウの体を内側から破壊することができるので、カイドウの硬い体にもダメージを与えることができます。

キッドは鉄くずを集めて巨大化することができるので、カイドウの動きを封じることが可能です。

そのため、ローとキラーがカイドウに攻撃するチャンスを作ることができます。

しかし、人獣化したカイドウの実力は未だ未知数。

ルフィを軽々と吹き飛ばすほど強いことしか分かっていません。

上手く立ち回らないと返り討ちに遭うので、人数が多いからといって油断できる相手ではないですね。

次回からはルフィたちと四皇の戦いの続きが始まると思いますが、果たしてどのように戦うのでしょうか!?

まとめ

以上、『ワンピース』第1008話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ワンピース』第1009話は、週刊少年ジャンプ18号(4月5日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※