MFゴースト【第137話】ネタバレと考察・感想!王者、ベッケンバウアーの存在

MFゴースト【第137話】ネタバレと考察・感想!王者、ベッケンバウアーの存在のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年18号(3月29日発売)の『MFゴースト』第136話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第136話第137話第138話

MFゴースト【第137話】のあらすじ・ネタバレ

カナタ、タイヤの限界を悟る

MFG第5戦の終わりが刻々と近づいてきました。

溝落としでベッケンバウアーを抜いたカナタは、2位に浮上しました。

葵コーナーを通過して、アップヒルを走り上がって行く、沢渡、カナタ、ベッケンバウアー。

1位の沢渡は、カナタが2位になったことをグッドジョブだと喜んでいました。

自分にとっては神風が吹いたチャンスだと笑う沢渡。

カナタが2位をキープしていれば、ベッケンバウアーの攻撃を避けられると満足していました。

3位のベッケンバウアーは、カナタを抜くために横に飛び出しました。

それを必死にブロックしようとするカナタ。

しかし、それを実行することが出来ませんでした。

カナタは、マシンの86のタイヤに違和感を感じていました。

タイヤから発する音が異音を響かせていました。

カナタは、タイヤの限界がもう近いと舌打ちしてしまうのでした。

並走するカナタとベッケンバウアー

カナタとベッケンバウアーは、並びながらコーナーを抜けて走っていました。

沢渡は、後ろに居るカナタとベッケンバウアーが並走していることを確認しました。

沢渡は、カナタにベッケンバウアーを喰い止める様に踏ん張れと願いました。

2台の並走は、コーナーの出口の脱出速度が明らかに遅くなる。

この隙を見逃さずに自分はそのまま逃げ切って勝利するという戦略を立てる沢渡。

沢渡は、アクセルを踏み、カナタ達を引き離して行きました。

2つ目のコーナーに入って行くカナタ達。

並走するカナタは、タイヤの限界を堪え必死にベッケンバウアーを抜かせない様にプレッシャーをかけて集中して走りました。

シフトを上手く操り、メリハリを付けてベッケンバウアーに張り付くカナタ。

お互い譲らずに走っていました。

その状態のまま、3つ目のコーナーへと突入していく2台でした。

ハイレベルなベッケンバウアー

カナタとベッケンバウアーは、3つ目のコーナーを走り抜けました。

遂にきつめのアップヒルへ近づく2台。

すると3位のベッケンバウアーのマシンが、馬力を発揮してじわじわとカナタのマシン86に詰め寄ってきました。

この場面では、パワーのあるベッケンバウアーのマシンが格段に有利でした。

遂に、カナタの前に出るベッケンバウアー。

ベッケンバウアーは、集中してハンドルのシフトを操作してカナタの隙を付いてアクセルを踏みました。

カナタのマシンを抑えて遂に抜くベッケンバウアー。

ベッケンバウアーは、再び2位に返り咲きました。

その光景を観戦していた者達は驚いて興奮していました。

今まで接戦で悉く他のドライバー達と競い勝利してきたカナタ。

しかし、王者のベッケンバウアーの格段の実力の高さと違いに改めて認めていました。

カナタと繰り広げたドッグファイトは神の領域だと絶賛していました。

MFG第3戦の終焉が近づいてきました。

3位に落ちたカナタは、まだ勝負を諦めていませんでした。

ベッケンバウアーのマシンの馬力の壁を破る為に、必死に背後に付いて行くのでした。

MFゴーストの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングマガジン2021年18号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『MFゴースト』第137話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年18号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

MFゴースト【第137話】の考察・感想

師匠である藤原拓海直伝の大技、溝落としを使ったカナタ。

しかし、カナタのマシン、86のタイヤは限界を迎えていました。

限界を知り何とか耐えて堪えるカナタは、クールでカッコいいです。

沢渡は、カナタの2位浮上を喜びます。

自分にとっては、神風が吹いた最大のチャンスである。

ベッケンバウアーの攻めから回避できると喜び加速します。

ベッケンバウアーの追い上げをブロックして抵抗するカナタ。

しかし、マシンの馬力でアップヒルを上がり、遂にカナタのマシンを抜き去って2位に浮上してしまいます。

今まで競り合って勝利してきたカナタでしたが、やはりベッケンバウアーは格上です。

ベッケンバウアーの実力を思い知らされました。

でも、カナタの奇跡を見たいです。

ベッケンバウアーを抜くことができるのか。

続きがとても気になります。

次号も楽しみにしています。

まとめ

以上、『MFゴースト』第137話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『MFゴースト』第138話は、週刊ヤングマガジン19号(4月5日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※