東京卍リベンジャーズ【第198話】ネタバレと考察・感想!12年後の自分へ・・・

東京卍リベンジャーズ【第198話】ネタバレと考察・感想!12年後の自分へ・・・のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年16号(3月17日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第198話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第197話第198話第199話

『東京卍リベンジャーズ』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

東京卍リベンジャーズ【第198話】のあらすじ・ネタバレ

12年前

2006年3月15日。

その日は、東卍が解散した翌日。

武蔵神社の木の下に、元東卍の仲間たちはタイムカプセルを埋めた。

作業を終えた後口を開いたマイキーは、仲間たちとある約束をする。

それは、12年後の東卍結成の日・・・。

6月19日に、仲間たちで集まろう!!

マイキーの言葉を聞いた仲間たちは、満面の笑みで答えたのだ。

12年後

時は流れ、2018年6月19日。

マイキーが指定した約束の日、当日である。

日が暮れて夜になっても・・・マイキーは姿を現さなかった。

仕方ないから開けようと、口を開いたのはドラケン。

ペーやんはマイキーに対し、薄情だと呟く。

一方、早く開けたいと仲間を急かすのはパーちん。

八戒は相変わらず、三ツ谷にベッタリだ。

タイムカプセルを開けると、最初に声を上げたのは千冬。

そこには、飛行機の本が入っていた。

12年前は、パイロットになりたかったと千冬は話す。

それをガキみたいだと笑う八戒だが・・・自分の入れた物を見て固まる。

八戒は未来の自分が、宇宙に行っていると思っていたのだ。

過去の自分を恥ずかしく思い、青ざめる八戒。

その様子を見た三ツ谷が、八戒をバカにした。

顔を真っ赤にして、八戒は三ツ谷の黒歴史を探ろうとする。

そんな三ツ谷が取り出したのは、ボロボロのぬいぐるみ・・・?

それは、初心を忘れるなという自分へのメッセージだ。

貧乏だった三ツ谷は、2人の妹に自作のぬいぐるみを作った。

妹のために裁縫を続けていたことで、洋服作りに興味を持った三ツ谷。

苦しんだ過去があるからこそ今の自分があると、未来の自分にメッセージを送っていたのだ。
三ツ谷の話しを聞き、涙を流す八戒。

仲間たちは、その後もタイムカプセルを開け続ける。

スマイリーはホストになりたかったようで、アングリーは兄と仕事をしたいと願っていた。

ペーやんのメッセージは、パーちんについて。

その思いを受けたパーちんは、涙を流して喜ぶ。

2人の友情は、今も昔も変わっていなかったのだ。

ドラケンの想い

仲間たちが盛り上がる中、黙っているのはドラケン。

彼はタイムカプセルに、1枚の写真を入れていた。

それは、東卍が解散した日の写真・・・。

写真から目を離したドラケンは、自分の手紙を読み始める。

最初に書かれているのは、結婚や子供はいるかという問い。

相変わらずマイキーに振り回されているかという、問いもある。

マイキーという言葉に、反応を見せるのは武道。

話しを続けるドラケンは、当時の苦悩を書き綴っていた。

それは、東卍の解散についての苦悩。

マイキーの決断に異論はないが、悩んだし涙が出たと手紙には書いてあるのだ。

ただ・・・マイキーはもっと苦しんでいるはず・・・。

そう考えたドラケンは、自分の後悔を手紙に置いていくと心に決めていた。

最後にドラケンが残した自分へのメッセージは、いつまで経っても忘れないでおいて欲しいこと。

オマエにはエマがいた・・・。

ドラケンの手紙は、そんな言葉で締めくくられる。

マイキーの手紙

ドラケンがエマを想い続けていると知り、涙を浮かべる武道。

仲間たちも同じ思いなのか、黙っている。

そんな沈黙を破ったのは、ドラケン本人だ。

立ち上がったドラケンは、見ていくだろと仲間に尋ねた。

本人はいないが・・・。

ドラケンが見ようとしているのは、12年前にマイキーが書いた手紙。

そこには、〝オレへ〟と書かれたマイキーの手紙が入っていた。

東京卍リベンジャーズの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年16号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『東京卍リベンジャーズ』第198話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年16号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

東京卍リベンジャーズ【第198話】の考察・感想

12年の月日が流れ、集まった仲間たち。

東卍結成の日に、タイムカプセルを開けました。

当時夢見がちだった千冬や八戒と違い、幹部たちはしっかりとしたメッセージを残しています。

三ツ谷は相変わらずですし、やはり東卍の核はドラケン。

マイキーを支え導いてきたのは、ドラケンで間違いありませんね。

次回は、そのマイキーの手紙が読まれます。

そこにあるメッセージによって、仲間たちは動き出すのではないでしょうか!?

梵天を率いているマイキーを救うため、東卍の再結成!

そんな展開が、あるかもしれません。

まとめ

以上、『東京卍リベンジャーズ』第198話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『東京卍リベンジャーズ』第199話の話は、週刊少年マガジンにて3月24日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

東京リベンジャーズが今ならお得に読める!

コミックシーモアの東京卍リベンジャーズセール情報

今ならコミックシーモアで、漫画『東京卍リベンジャーズ』をお得に読むことができます。
劇場版公開の限定セールなのでお見逃しなく!!

最新刊も50%OFFで読める!