弱虫ペダル【第634話】 ネタバレと考察・感想!御堂筋の立候補

弱虫ペダル【第634話】 ネタバレと考察・感想!御堂筋の立候補のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン 2021年19号(4月8日発売)の『弱虫ペダル』第634話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第633話第634話第635話

『弱虫ペダル』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

弱虫ペダル【第634話】のあらすじ・ネタバレ

嵐山を走る御堂筋、思う

観光地である京都・嵐山。

その府道50号線と呼ばれる古く険しい深い山に分け入る道をロードバイクで走る者が居ました。

それは、京都伏見高等学校の自転車部の御堂筋翔でした。

御堂筋は、汗を流し道をひたすら走っていました。

インターハイで2度も敗北した御堂筋は、ある事を思い出しながら走りました。

石垣が人に頼れと言った言葉が頭の奥にずっと残っていた御堂筋。

しかし、御堂筋は、それは力のない弱い奴の理屈だ。

努力不足や頑張りが足りないし、誰かの手を借りて道のりを楽したとしても純度が下がってしまう

否定する御堂筋。

自分は、身体を破壊するまで追い込んで極限まで追求をして行く。

無駄なものを削り強さを残せるのは自分自身しかいない。

頼れるのは己だけと叫ぶ御堂筋。

するとバイクから降りて休憩する御堂筋は、タオルを頭に掛けました。

このタオルの様に強固さを捨てて柔らかくならなければならないのかと自問自答する御堂筋。

それは自分にとって一番必要のない感情だと思う御堂筋。

その時、大切なものはそっと掴まないといけないという言葉を思い出し考え込むのでした。

水田のキャプテン発表

その頃、京都伏見高等学校の自転車競技部の部室では水田が部員を集めていました。

水田は、次の新キャプテンは2年の船津だと告げました。

選ばれ動揺し緊張する船津。

木利屋達に心配されながらも挨拶する為に前に出ようとする船津。

緊張の為か躓き、自転車に激突して倒れてしまいました。

皆々が船津が表に出ると何もできないタイプだと不安になっていました。

山口は、水田にこれはやはりマズイと告げました。

勝手にキャプテンを決めることは良くないと言う山口。

水田は、御堂筋に聞きたいがインターハイを終えてから一回も部活に顔を出していない。

きっとインターハイの2度の敗北で退部する可能性があるから選べないという水田。

だから会す顔がないだろうと怒る水田。

しかし、山口は違いました。

御堂筋は、2日目はしっかり優勝したと反論しました。

水田は、御堂筋の練習に付いて行った1年は厳しくて何人も辞めて行った。

自分達は必死に付いて行ったが最後は1人で残り1人で勝手に倒れたと否定しました。

それでも山口は、それは自分が御堂筋の良心になれなかったことが敗北の原因だった。

山口の必死の迫力ある気迫に押される水田。

ロードレースは200人出ても勝利する者はたった1人しか居ない。

インターハイの2日目は自分1人の力で勝利した。

3日目は、力尽きチームは負けたが言い訳はしなかった。

御堂筋は、今でも1人で闘っている。

自分は、御堂筋の努力がよくわかる。

自分達が御堂筋に寄り添い助けなかったと反省していたのでした。

御堂筋、衝撃の発言する

すると突然、御堂筋が部室に現れました。

御堂筋は、大声が外まで聞こえていると近づいてきました。

小鞠がキャプテンを決める押し問答をしていたと教えました。

山口は、御堂筋の体を見て驚愕していました。

更に絞り鍛えられていた肉体となっていた御堂筋。

御堂筋は、キャプテンで揉めているなら自分がやろうかと宣言しました。

驚く部員達。

御堂筋は、自分が京都伏見の自転車部のキャプテンになると目を大きく開けて告げるのでした。

弱虫ペダルを無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年チャンピオン2021年19号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『弱虫ペダル』第634話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年19号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

弱虫ペダル【第634話】の考察・感想

嵐山をひたすら走る御堂筋。

ストイックで頼れるのは己の身と更に鍛えていく御堂筋。

正直あまり好きなキャラではありませんでしたが、意外に人間味溢れる感情や葛藤があり驚きでした。

石垣の人を頼れという言葉がずっと頭の中に残っていた御堂筋。

それを何度も考えていく姿を見て悪い奴じゃないなと思いました。

そんな中京都伏見高校の自転車部では、水田が新キャプテンを船津に発表します。

が、重責と緊張で固まる船津に不安を覚える部員達。

その最中、山口は、勝手にキャプテンを決めるのは良くないと物言いをします。

そして、御堂筋が負けたのは自分達が寄り添い助けなかった。

御堂筋の孤独な闘いと努力を訴えていく山口。

そこに御堂筋が現れます。

小鞠からキャプテン選出にもめていると聞かされ、自分がキャプテンになると言います。

衝撃的発言でビックリしました。

でも、御堂筋がキャプテンとなり新たな風が吹きそうです。

無事にキャプテンになることができるのか、御堂筋。

展開が楽しみです。

次号に期待しています。

まとめ

以上、『弱虫ペダル』第634話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『弱虫ペダル』第635話は、週刊少年チャンピオン 2021年20号(4月15日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!