ゴールデンカムイ【第273話】ネタバレと考察・感想!鶴見中尉への疑惑は残りつつ…

ゴールデンカムイ【第273話】ネタバレと考察・感想!鶴見中尉への疑惑は残りつつ…のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年17号(3月25日発売)の『ゴールデンカムイ』第273話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第272話第273話第274話

ゴールデンカムイ【第273話】のあらすじ・ネタバレ

尾形上等兵を狙うヴァシリ

物見台に陣取ったヴァシリはロシアより愛を込めて尾形上等兵を執拗に狙う。

消火作業が終わった消防士たちが解散しようとしている。

消防士たちの隊列から一人抜け出そうとしている人物がいる。

ヴァシリはその人物を撃ち抜こうとするが、誤射して無関係の人間を殺してしまったことが頭によぎる。

発砲できずに消防士に扮した尾形上等兵の逃走を許してしまう。

尾形上等兵は「判断を誤ったな」と変装を解きながら逃げる。

土方ばりに他人の家にずかずかあがり横切っていく。

住人も銃を持った軍人には何も言えず怯えている。

コミカルに塀の下をくぐる尾形上等兵は何かに気付く。

外では負傷している門倉たちが歩いていた。

立ち上がるアシリパ

さて無事に逃走したアシリパ。

呆然と立ち尽くしているアシリパに座るように気遣う白石。

自分のせいで海賊房太郎や有古一等卒が死んだことにアシリパは心を痛めていた。

顔を覆って震えているアシリパを杉元はガシッと抱える。

杉元の腕を掴むアシリパ。

優しく見つめる杉元。

落ち着く間もなく事態は変化していく。

牛山が馬に乗って合流してきた。

震えていたアシリパが自分がやるべきことを決意したように立ち上がる。

そして「土方を呼んで来て」と牛山に叫ぶ。

刺青人皮の偽物を判別する方法が分かったからだ。

敵になっても友だ

菊田特務曹長は有古一等卒抱えて病院のドアを叩く。

病院のベットに運びながら有古一等卒に話しかけて意識を取り戻させようとする。

「まだ自分のマキリを作っていないだろう」と呼びかけたところで、有古一等卒は息を吹き返した。

「親父に助けられたな」と胸を撫でおろす菊田特務曹長。

余談だが、現在の北海道の郷土資料館には一本のマキリが展示されている。

資料館の目録によると製作者は有古だ。

父のマキリそっくりだが、一か所だけ独自の紋様がある。

有古一等卒は菊田特務曹長に中央とは距離を置くと告げる。

「また一緒に温泉に入ろう」と菊田特務曹長は有古一等卒を置いて去る。

疑惑は疑惑のまま

鶴見中尉が理想と変わらなかったと知った鯉登少尉は相変わらず方言がきつい。

会話にならないので二階堂を通して月島軍曹がアシリパを追ったことを伝える。

鶴見中尉は月島軍曹を連れ戻すように指示を出す。

鶴見中尉は勘ではあるが、アシリパが話した暗号を解く鍵は正しいと結論付けたのだ。

鯉登少尉はあらためて鶴見中尉を信奉する。

怪しい言動は全てアシリパから鍵を聞き出すための演技だったのだ。

鯉登少尉が教会の外に出ると二階堂がビール臭いという話題が上がっていた。

ビール工場で頭から被ったからだ。

そういえば月島軍曹と鯉登少尉も同じようにビール臭いはずだ。

…もしかして鶴見中尉は自分たちが隠れていたことに気付いていたのか。

もし気付いていたとしても鶴見中尉が語ったこと全てが嘘とは限らない。

大国ロシアの軍港が日本にとって危険なことには変わりないのだ。

信じたいことを信じても良いのではないか。

何より月島軍曹にとって鶴見中尉の言葉は飛びつきたいほど信じたいものだったはずだ。

疑惑は残りつつ、鯉登少尉はそっと教会の扉を閉める。

ゴールデンカムイの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年17号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ゴールデンカムイ』第273話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年17号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ゴールデンカムイ【第273話】の考察・感想

鶴見中尉が優秀な人物であることは疑いがありません。

しかし、本当は何を思っているかは分かりません。

優秀であるからこそ、月島軍曹や鯉登少尉を掌の上で操ることも容易でしょう。

洗脳(?)が解けつつある鯉登少尉と自我を保つためにも信奉するしかない月島軍曹がいつかぶつかるのでしょうか。

さて、多くの人の死が自分のせいだと気付いてしまったアシリパ塞ぎ込みますが、杉元が傍に居てくれたのが救いですね。

そしてすぐに立ち上がる強い娘です。

金塊がなくても頭角を現す人になっていたかもしれませんね。

まとめ

以上、『ゴールデンカムイ』第273話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ゴールデンカムイ』第274話は、週刊ヤングジャンプ18号(4月1日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※