キングダム【第669話】ネタバレと考察・感想!祭を語る礼 その真実は!?

キングダム【第669話】ネタバレと考察・感想!祭を語る礼 その真実は!?のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年11号(2月10日発売)の『キングダム』第669話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第668話第669話第670話

『キングダム』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

キングダム【第669話】のあらすじ・ネタバレ

外の世界で・・・

それは、幼い頃の識と礼。

二人は外の世界に出たら、何をしたいかを語り合っている。

犬を飼いたいという礼の言葉に、驚くのは識。

礼は恥ずかしそうに、可愛い子犬を飼いたいと打ち明けたのだ。

笑う識を見て、礼は同じ質問をする。

外の世界に出たら、何がしたい・・・・?

識が黙っていると、礼は猫だろと話し始めた。

自分は子犬が飼いたいから、識は猫を飼いたいはず・・・。

そう言って礼に急かされた識は、暫く考えて口を開く。

かつて、そんなことを語り合った識と礼。

ただ、礼の記憶にあるのは最後の瞬間だ。

識の剣が自分の首元で止まり・・・自分の剣は識の心臓を貫いている!!

最後の瞬間。いつも通りの表情を浮かべる識に対し、目を見開いている礼。

血走る目で識を見つめ、礼は力なく口を開いた。

な・・・何で・・・?

唖然とする礼の前で、識は血を吐いて倒れたのだ。

変貌

礼から祭のことを聞き、憐みの表情を浮かべるのは貂と昂。

信と崇原は、真剣な表情で礼を見つめている。

二人の過去を知る瘣は・・・礼が狂った理由をはっきりと理解していた。

そんな中、話を続ける礼。

真剣に祭に挑もうという約束を、識は破ったと語る。

だから、負けたはずの自分が生き残り識は死んだ・・・。

礼に残っているのは、自分の手が識の心臓を貫いた時の感覚。

さらには、苦悶を浮かべて血を吐く識の表情だけなのだ。

それは・・・礼が死神へと変貌するのに、十分すぎるほどの供物だった。

識の命を糧にし、自分は本物の蚩尤になったと話す礼。

飛信隊や瘣とは、生きている世界が違うと口にする。

仲間などと甘いことを言っている奴らは、大馬鹿だ!!

そう叫び、礼は瘣への攻撃を再開。

自分は死をまき散らす闇の神だと言い、飛信隊は闇の力を強める糧だと話した。

本物の蚩尤とは・・・?

この場にいる全員を、識の元へ送ると宣言する礼。

そんな礼を制止する瘣は、その考えが間違っていると話す。

瘣の言葉に怒りを感じ、礼は容赦なく攻撃を継続。

なんとか攻撃を受け止め、瘣は話しを続けた。

闇の道に、先などないと言うのだ。

前蚩尤であった幽蓮も、今の礼と同じく闇に落ちた蚩尤。

そうなってしまっては、自分を壊すだけ・・・。

幽蓮のようになってはいけないと話す瘣は、礼に戻ってこいと語り掛ける。

暗闇の淵から戻ってこそ、本当の強さが手に入る・・・。

瘣は、それが本物の蚩尤だと考えていたのだ。

ただ、瘣の言葉は礼には響かない。

どうやったら戻れるのか・・・?

自分を戻せるのかと、礼は瘣に問いかける。

その問いに、瘣は戻せないと答えた。

礼を戻せるとすれば・・・それは識なのだ!!

瘣の言葉を受け、目を見開く礼。

闇の淵から戻る力を持っているのは・・・今は亡き識!!?

動きを止めた礼に、瘣は語りかける。

識の最後を思い出せ!

識がただ苦痛の中で死んでいったのであれば、礼は戻ってこられない・・・。

ただ、瘣はそうではないと信じているのだ。

最後に識は、何かを残しているはず・・・。

そんな瘣の言葉を受け、それを否定する礼。

識は何も言っていない!

ただ苦しんで、死んでいった!

そう断言する。

しかし、礼は記憶を辿り始めていた。

それは思い出したくない祭の記憶。

自分の剣に心臓を貫かれ、血を吐く識の姿だ。

血を吐いて膝を付いた礼の前で、茫然としている礼。

そんな礼に向かって・・・識は謝った。

覚悟はできていなかったのは、自分の方だった・・・。

識は戦う前から分かっていたのだ。

自分には・・・識を殺すことはできないと・・・。

謝り続ける識だが、礼が生き残れて良かったと口にする。

さらに、最後の力を振り絞ってある言葉を残した。

外の世界で自分の分も・・・精一杯強く生きて!

識の最後を思い出し、泣き叫ぶ礼。

両手で顔を覆う礼の手に、もう剣はない・・・。

泣き続ける礼に、瘣は声をかけた。

すると、礼は後悔の言葉を口にする。

それは最後に、伝えなければいけなかった言葉。

識のことが大好き・・・。

識の分も頑張って生きる・・・!

涙を流す礼を抱きしめ、頑張れと鼓舞する瘣。

静まり返った闇夜に、礼の泣き声が響き続けるのだった。

識のやりたいこと

識に対し、外の世界で何がしたいかと尋ねた礼。

口を開いた識は、その時こう答えたのだ。

・・・ない!!

礼は自分にだけ言わせてずるいと、識に声をかける。

そんな礼を見て、笑い声を上げる識。

遠くを見つめる識の答えは、その時から決まっていたのか・・・?

キングダムの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年11号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『キングダム』第669話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年11号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

もうU-NEXTに登録してしまった方は以下のサービスがおすすめ!

登録で貰えるポイントやクーポンで、最新話がお得に楽しめます。

配信サービス特徴登録
コミック.jpのロゴお試し登録で
1350P
※期間限定!
30日間無料
ebookjapanのロゴ半額クーポン
6枚貰える
月額無料
まんが王国のロゴ毎日最大
50%オフ
月額無料

キングダム【第669話】の考察・感想

礼が記憶から消そうとしていた出来事を、瘣が思い出させました。

識を殺してしまった罪悪感から、闇に落ちてしまった礼。

そんな礼を救う言葉を、識は残してくれていたのです。

ただ、トラウマを抱える礼は、その記憶まで消そうとしていました。

闇に落ちて殺戮を繰り返す方が、あの時の礼にとっては楽なことだったのでしょうか・・・!?

闇の淵から戻った礼は、正気を取り戻しています。

飛信隊の前で、礼が語る言葉が気になりますね!

礼は仲間に加わるのか・・・・?

それとも、一人で旅に出るのか・・・?

どんな答えを出したとしても、礼は識の分まで生きるはずです!

まとめ

以上、『キングダム』第669話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第670話は、週刊ヤングジャンプ2021年12号(2月18日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

キングダムの59巻の画像

『キングダム』59巻が9/18に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※