キングダム【第677話】ネタバレと考察・感想!壊滅状態にある玉鳳隊

キングダム【第677話】ネタバレと考察・感想!壊滅状態にある玉鳳隊のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年21号(4月22日発売)の『キングダム』第677話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第676話第677話第678話

『キングダム』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

キングダム【第677話】のあらすじ・ネタバレ

趙に優位な状況に思えるが

何か策があるような桓騎だったが、左翼の戦場は苛烈を極めた。

次々に討たれる味方。

王賁も自ら槍を取り危険に身を晒す。

すでに護衛も討たれており、次々に趙兵が襲ってくる。

8万対24万とはそういうレベルの戦いなのだ。

趙国には次々と勝報が届く。

湧きたつ幕僚たちだが、李牧は一人難しい顔のままだ。

李牧には凡人には見えない何かが見えているのかもしれない。

桓騎の狙いは暗殺?

戦端が開かれてから8日が経過した。

万の軍を預かる飛信隊は未だに待機命令が下されている。

やることがないなら苦戦している戦場の助けに行きたいと李信は訴えるが命令を破るわけにもいかない。

王翦幕僚では桓騎が策をもって戦うと思っていた。

だが、入ってくる報告では中央軍まで敵に分断されるという敗報である。

桓騎を過大評価し過ぎていたかと倉央は田里弥に尋ねる。

田里弥の智謀をもってしても、今の桓騎は意味不明なのだ。

新しく王翦幕僚に迎えられた蒙恬は今の苦境を打開する案を進言する。

だが、王翦はその案を却下した。

訝しむ蒙恬に王翦は事前に桓騎と決めたことだと言い放つ。

その頃、ようやく飛信隊が桓騎軍の命令で動き出したと報告が入る。

王翦は智謀に優れた蒙恬に桓騎の狙いは何かと質問する。

桓騎の狙いが分からない幕僚たちの中で、唯一真相に辿り着けそうなのが蒙恬なのだ。

蒙恬は一考し、桓騎が無為無策な男ではないと評する。

それゆえに、単純に扈輒の首を狙っているのだと看破する。

王翦幕僚には王賁を庇うものはいない

単純だけど戦略家の人間には目から鱗である。

王翦ですらその発想はなかったと言わんばかりに目を見開く。

そんなことはできないだろうと思ったのだろうか。

倉央は見物だな、と余裕綽々である。

危機感が薄い王翦幕僚に業を煮やしたのか、蒙恬は伝令に直接玉鳳隊の状況を尋ねる。

玉鳳隊が属する左翼は壊滅状態にあるらしい。

思わず王翦の顔を窺うが、誰も心配していない。

そのような戦況はもちろん知っていたと倉央は語る。

王翦の息子だから特別扱いをしろというのか?

それは王賁を子ども扱いすることになるだろうと田里弥も語る。

蒙恬は最近の王賁が子供が生まれたばかりだと知っている。

せめて親なら心配しろよ、と感情が抑えきれない。

だが、蒙恬を見つめる王翦の目は冷酷そのものだった。

王翦幕僚には王賁を庇うものはいない。

祈ることしかできない

敵が楽華隊の近くに迫っている。

言いたいことはまだまだあるが、戦況が許してくれない。

蒙恬は仕方なく軍の指揮をとるために戻る。

蒙恬も親と上手くいっているとは言い難い。

でも、王翦と王賁の関係は異常だ。

せめて自分だけでも王賁の生還を願う。

そして出来るならば李信も王賁の生還を助けて欲しいと祈る。

先に戦場に出陣した李信はようやく影丘に到着していた。

壊滅状態とは聞かされていたが「これは…」と有り得ない光景を見るような表情の李信。

一体李信が見たものは何なのだろうか。

キングダムの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年21号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『キングダム』第677話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年21・22号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

キングダム【第677話】の考察・感想

転んでもただでは起きない男桓騎なので心配はしていません。

多分、天敵李牧が出てくるまでは常勝のはずです。

とはいえ、幕下の人材はどうなるか不明なので、結構ネームキャラに被害が出る可能性はあるかもしれませんね。

まあ、桓騎軍は殺されるくらいなら即逃げるイメージですけれど。

さて、毎回死にかける王賁は戦い方を変える方が良いのではと思ってしまいます。

李信みたいに頭が弱いキャラならともかく、王賁は上手く立ち回れるキャラだと思うのですけれど。

王翦と関わる時だけ意固地になってるのでしょうか。

まとめ

以上、『キングダム』第677話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第678話は、週刊ヤングジャンプ2021年23号(5月6日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!