魔入りました!入間くん【第201話】 ネタバレと考察・感想!魔界の三傑孫会議

魔入りました!入間くん【第201話】 ネタバレと考察・感想!魔界の三傑孫会議のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン 2021年21・22号(4月22日発売)の『魔入りました!入間くん』第201話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第200話第201話第202話

魔入りました!入間くん【第201話】のあらすじ・ネタバレ

三傑孫会議スタート!

魔界塔の333階では、突如、三傑孫会議が始まりました。

何故か控室に訪れた入間が、レイヂとラズベリィの魔王の座を掛けて審判をすることになりました。

困惑する入間。

議題は、どちらが魔王に相応しいかの内容で会議が始まりました。

三傑の1人、レディ・レヴィの孫であるレヴィ・レイヂからスタートしました。

レイヂは、冒頭早々自分こそが魔王になるべき存在だと断言しました。

レイヂは、魔界学園レビアロンの出身者でした。

レディを学長とする水中艦校で、規律を重んじて品行方正な生徒の育成を目指す場所でした。

そんな格式高い場所でレイヂは、入学早々寝坊で2時間の大遅刻をするという前代未聞の問題行動を起こしていました。

しかし、何事も無かったかのように新入生代表として挨拶をするレイヂ。

教師達から猛抗議を受けるレイヂ。

でも、レイヂは淡々と理由を告げました。

自分は自分の規律で行動しているだけ。

よくわからない生徒よりも自分の睡眠が大事だと撥ね退けるレイヂ。

その後、勝手な砲撃や学園の門番を倒したり大問題の行動を繰り返していました。

現在は、生徒艦長として総司令と呼ばれているレイヂ。

レイヂは、誰の言う事も聞く気はない。

これからの魔界の規律は自分が創ると宣言するのでした。

ラズベリィのアピールタイム

次は、ラズベリィが主張を始めました。

魔界の西方の地下に灼熱のマグマの川の中に、66階建てのタワー学園ジャカポがありました。

ジャカポでは、三傑が1人べリアールが学長となり、喧嘩や賭け、勉学等各階で様々な勝負を行っていました。

ジャカポの学園生活のシステムは、新入生は最下層に送られる。

そこでの勝者は、上層階の入室が許可されるという無法地帯のバトルタワーと化していました。

その中で最上の60階から66階にいる生徒達は、階層主人という特権を与えられた極上の6悪魔が君臨することをべリアールに許可されてました。

そんな階層主人の所に、挨拶に来たラズベリィ。

自分は、新入生代表スピーチを止めて階層主人達に直に言いたい事があるとやってきました。

入学したら60階から66階まで全て自分が使うと宣言するラズベリィ。

その発言は、階層主人達を怒らせました。

しかし、その後ラズベリィは、お構いなしに悪行や騒ぎを繰り返して行きました。

現在、ラズベリィは、62階まで所持をする史上最年少の階層主人になりました。

部下を1200名有する存在となったラズベリィ。

その話を聞き、レイヂは、下品と低俗さがあると馬鹿にしました。

レイヂとラズベリィは、入間を使用人と勘違いしてどちらが魔王に向いているのか答えを求めるのでした。

入間の挨拶とバールの異議アリ

すると入間は、自分が悪魔学校の大食いチャレンジ6連覇をした事や、入学式で禁忌呪文を唱えた事等を語り出しました。

レイヂは、入間を止めて何故魔王に相応しい議題に参加することがおかしいと言いました。

すると控室にオペラが入室してきました。

入間の名を呼ぶオペラを見て不思議に思うレイヂ達。

オペラは、レイヂ達に入間が三傑が1人サリバンの令孫であると告げました。

驚くレイヂとラズベリィ。

入間は、2人に初めましてと挨拶しました。

一方、雷皇バールがサリバンに三傑の孫が魔王候補になることは異議アリだと発言しました。

サリバンとバールは互いに睨み合っていました。

魔入りました!入間くんを無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年チャンピオン2021年21・22号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『魔入りました!入間くん』第201話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年21・22号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

魔入りました!入間くん【第201話】の考察・感想

三傑の孫達、正直曲者ぞろいです。

レイヂは、頭が良さそうで一見まともにみえましたが、自分の規律が正しいと常に行動している痛い奴でした。

平気で2時間も寝坊し代表挨拶や数々の諸問題を起こしていました。

しかし、自分が魔界の規律を創ると魔王になる気満々です。

一方のラズベリィも、階層主人達に喧嘩を売る問題児です。

でも手下を1200名引き連れ階層の62階まで制圧した実力は本物です。

そんな中、オペラが現れて入間が三傑の令孫だと知り驚くレイヂ達。

レイヂ達の今後の対応がどうなるのか気になります。

そして、サリバンの提案に噛みつくバール。

こちらも一波乱ありそうです。

次回も見逃せない展開になりそうです。

とても楽しみです。

まとめ

以上、『魔入りました!入間くん』第201話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『魔入りました!入間くん』第202話は、週刊少年チャンピオン 2021年23号(5月6日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!