バキ道【第92話】ネタバレと考察・感想!最後は笑顔で

バキ道【第92話】ネタバレと考察・感想!最後は笑顔でのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約3分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年21・22号(4月22日発売)の『バキ道』第92話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第91話第92話第93話

バキ道【第92話】のあらすじ・ネタバレ

ついに決着の時が訪れようとしていた

炎は人生初のグーパンチでの攻撃を試みようとしていた。

前に踏み込んで ストレートのこぶしを喰らわせようとする炎。

その拳を鼻先を掠めるようにしてかわす刃牙。

逆にバキは炎の顎を軽くアッパーしてみる。

一瞬の静寂の後 前から崩れ落ちる炎。

そして観客席から歓声が上がっている。

徳川もそれを見てほっと一息ついたようだ。

レフリーが勝負ありの審判を下した。

決着の時を見た観客たちは 沸き立っていた。

勝利者は刃牙

解説者も決着がつく瞬間のバキの動きが全く見えていなかったと驚いていた。

解説者たちが見えていたのはこの方が攻撃を喰らわせようとする瞬間だけだったのである。

刃牙がその攻撃に対してカウンターを放つのはまったく見えていなかったと。

そして炎はぶっ倒れたまま全く立ち上がることができない状態が続いていた。

独歩等もこの試合の決着について語っていた。

力士の集中力というものは大体10秒から1分程度である。

ただに攻撃を打ち込む瞬間には必ず好きができる。

そこにカウンターを放った刃牙が天才なのである。

タンカに運び込まれようとした炎がやっと起きた。

戦いが終わった後二人は握手を交わした

炎は自分が力士なのにグーパンチで攻撃しようとしていたことがいけなかったなと反省していた。

しかし刃牙は試合が開始した 直後はスピードで炎に負けていたことを伝えた。

炎は負けながらも笑顔で立ち尽くしていた。

バキ道を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年チャンピオン2021年21・22号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『バキ道』第92話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年21・22号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

バキ道【第92話】の考察・感想

この漫画って相撲が実は強い格闘技だということを 知らしめるような感じじゃなかったっけ。

逆に相撲を下げてどうするんでしょうね。

でもこれはいつものパターンなのかもしれません。

まとめ

次回の『バキ道』第93話の話は、週刊少年 チャンピオン にて5月5日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!