サタノファニ【第164話】ネタバレと考察・感想!千歌、本気の怒りを見せる

サタノファニ【第164話】ネタバレと考察・感想!千歌、本気の怒りを見せるのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年17号(3月22日発売)の『サタノファニ』第164話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第163話第164話第165話

サタノファニ【第164話】のあらすじ・ネタバレ

千歌と小夜子の約束

平に身体を抑えつけられてしまった千歌。

千歌の目の前には、教祖が小夜子を弄んでいました。

教祖は、耐える小夜子に我慢をしないで、欲望のまま己を解放すれば更なる深い法悦を与えると語りました。

必死に抵抗する小夜子。

千歌は、そんな小夜子の姿を見ていました。

目をそらさずに注視する千歌は、とあることを思い出していました。

それは、教団潜入の前日の夜でした。

千歌と小夜子は、身体を抱き寄せ合いながら、今後の事について打ち合わせをしていました。

教団に入り戦う事になれば、お互い捕まり酷い目に遭う可能性がある。

小夜子は、最悪の場合を想定して覚悟をしてくれと千歌に告げました。

そして、冷静さを失ってしまえば待つのは死あるのみ。

身体は奪われても心は繋がっていてお互いのものだと千歌に訴えていました。

小夜子の言葉を思い出し、自分は冷静だと言い聞かせる千歌。

千歌は、涙を流し唇を悔しさで噛みしめて血を流していました。

そして、千歌は、とある人物に怒りを見せていました。

それは、教祖である零元しぐまでした。

千歌は、零元しぐまを自分の手で必ず殺すと心の中で誓うのでした。

カレン、教祖の法悦の正体を知る

教祖達の行為をずっと見ていた捕らわれのカレン。

カレンは、教祖の起こす奇跡の様な法悦の正体に気づいてしまいました。

男女関係なく快感を与える方法を教祖が考えたことに感心するカレン。

教祖の起こす法悦の快感は、簡単に耐えられるものでは無い。

しかし、同じメデューサで仲間の小夜子は、必死に抵抗しながらも良く耐えていると称賛していました。

教祖の肉体の変化が3つの快楽を作り上げることを瞬時に分析したカレン。

同時に法悦に導くまでの方法が魔法の様でどんな手口を使っているのか興味津々でした。

すると教祖は、小夜子に身体の奥まで自分の持つ聖なる液体を放つと宣言しました。

小夜子に宇宙と一つになる様にと言い、法悦を容赦なく与える教祖。

次に瞬間、小夜子は、得体のしれない快感が体の中を駆け巡り放心状態になってしまうのでした。

千歌、本気モードの怒りを平にぶつける

平は、千歌の体を抑えつけながら言いました。

教祖と小夜子の光景を見て興奮したのかと嘲笑う平。

千歌の体を触りながら厭らしい笑いを浮かべていました。

すると何かが折れる音を聞く平。

すると、平の髪の毛が急激に引っ張られました。

痛みを覚えてその方向を見る平。

するとそこには、千歌の足の指が平の髪の毛を思いっきり引っ張っていました。

千歌の足で床に後頭部を打ちつけられた平。

更に、千歌の膝が顔面に入りました。

鼻から血を吹き出して、床に大きな音を立てて倒れる平。

教祖や信者達は、その状況に気づき千歌を見ました。

平の髪の毛を掃う千歌。

平は、千歌が立ち上がり手に巻いていたロープが解けていることに驚いていました。

千歌は、手の親指の付け根を折ってロープから抜けました。

その行動と覚悟に異常だと驚く平。

千歌は、平や教祖に向かって殺すと激しい怒りを見せていました。

サタノファニの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングマガジン2021年17号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『サタノファニ』第164話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年17号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

サタノファニ【第164話】の考察・感想

教祖の法悦に耐え、苦しみながらも泣いたり恥ずかしがる小夜子の表情が今までと違う一面が見れました。

その光景を見て怒りを噛みしめて必死に耐える千歌。

千歌は、教団潜入の前日の夜の約束を思い出します。

小夜子の言葉を胸に秘め冷静さを自分に言い聞かせていく千歌。

そして、必ず教祖のしぐまを自分の手で殺すと決意する表情が鬼気迫るものがあります。

カレンも教祖の法悦の正体に気づきます。カレンの気づきが、教祖を倒す手段になるとベストです。

我慢の限界を迎え、指を折りロープを抜けて平を床に叩きつける千歌。

千歌の本気の怒りが爆発しました。

千歌の怒りは、教団を追い詰めることが出来るのか。

この危機的状況をどう脱出していくのか気になります。

次回もとても楽しみです。

まとめ

以上、『サタノファニ』第164話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『サタノファニ』第165話は、週刊ヤングマガジン18号(3月29日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!