東京卍リベンジャーズ【第200話】ネタバレと考察・感想!マイキーからのメッセージ

東京卍リベンジャーズ【第200話】ネタバレと考察・感想!マイキーからのメッセージのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年18号(3月31日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第200話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第199話第200話第201話

『東京卍リベンジャーズ』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

東京卍リベンジャーズ【第200話】のあらすじ・ネタバレ

別の思い・・・

タイムカプセルの中に残っていたのは、マイキーのビデオテープ。

それは、佐野家のホームビデオだった。

ただ、途中から画面が切り替わり・・・現れたのはマイキー。

これは12年前のマイキーから、武道に宛てられたメッセージだったのだ!

12年後の、タケミっちへ・・・。

そう言って、画面に映るマイキーは話し始める。

手紙では、いつも仲間と繋がっていると書いていたマイキー。

東卍の解散は、仲間たちのためだったとも綴っていた。

しかし・・・その内容とは別に、武道にだけは伝えたいことがあると言うのだ!!

黒の衝動

マイキーが、武道にだけは伝えたい思い・・・。

それは、自分の中にある違和感だった。

自分自身でも制御できない〝もう1人の自分〟が、内に存在すると語るマイキー。

それを彼は・・・〝黒い衝動〟と呼ぶ。

武道が過去を買える前、怒りのあまり一虎を殺したマイキー。

それは、黒い衝動に飲まれた姿だったのだと武道は感じる。

マイキーが黒い衝動を抑えられていたのは、関わりの深い人物が居たから・・・。

それは真一郎であり、エマであり場地だったのだ。

幼い頃から深い繋がりがあった3人は、全員が他界・・・。

マイキーは3人のストッパーを失ったことで、こう感じていた。

12年後の、自分が怖い。

周囲を不幸にする存在になると、自分自身を恐れていたのだ。

だからこそ、東卍との決別を選んだマイキー。

最後に、あることを語った。

12年後の自分に、近寄るな・・・。

過去に戻って、自分を救おうとも思うな!

マイキーは武道に約束するよう話し、仲間と離れる道を自分で選んだと語ったのだ。

武道とは二度と会わないと宣言し、ある言葉を残すマイキー。

満面の笑みを浮かべ・・・幸せになれと伝えた。

もういい・・・

幸せになれという言葉を最後に、映像は終わる。

立ち尽くす武道は、脳内でこう考えていた。

誰かのせいで闇落ちしたわけではなく、自分の黒い衝動に飲まれたマイキー。

もうどうにもならないと、武道は悟ったのだ。

マイキーが変わったのは、マイキー自身のせいなのだから・・・。

秋葉原から自宅に帰る武道。

その途中で、一虎が武道を待っている。

やっと梵天の尻尾を掴んだぞ!!

嬉しそうに武道に掛けより、そう話す一虎。

ただ・・・武道はもういいと返した。

唖然とした表情を浮かべる一虎に、武道は話しを続ける。

もう梵天とは関わらない。

それが・・・マイキー望みだから・・・。

武道はそう言い残し、その場を去って行ったのだ。

マイキーの映像を武道が見てから、数日後

その日は三ツ谷の事務所に、仲間たちが集まっている。

準備ができたと、武道に声をかけるのは千冬と八戒。

ドラケンも事務所に来ており、三ツ谷が口を開いた。

カーテンの奥にいる柚葉に、声をかけたのだ。

上手くできてるか分からないと言いながら、カーテンを開く柚葉。

そこには完成したドレスを身に纏った、ヒナの姿が・・・!!

あまりの綺麗さに、武道は声を漏らす。

八戒もテンションが上がり、千冬は武道にはもたいないと呟いた。

笑いかけてくるヒナを見つめ、涙を浮かべる武道。

その様子に、ヒナは心配を始める。

武道は幸せを感じ、涙を流していたのだ。

同時に浮かんできたのは、自分の幸せを強く願ってくれたマイキーの顔・・・。

武道が泣いた理由の多くは、マイキーの存在にあった。

そう考えた瞬間、武道にはある記憶が蘇る。

それは、マイキーが語っていた言葉。

オレが自分を見失いそうになった時、兄貴のように叱ってくれ・・・。

マイキーはかつて、武道にそう話していたのだ。

辛いときほど、笑顔で本心を隠すマイキー。

この時武道は、マイキーの意志に背くことを決意する。

オレ、行かなきゃ・・・。

そう呟いた武道は、マイキーを救う覚悟を決めた!!

東京卍リベンジャーズの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年18号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『東京卍リベンジャーズ』第200話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年18号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

東京卍リベンジャーズ【第200話】の考察・感想

マイキーが残していたのは、12年後の武道へのメッセージ。

そこには、手紙には残されていない思いが映っていました。

自分を本気で救おうと動くのは、武道だけだと分かっていたのかもしれません。

そして、最も危険に巻き込んでしまうことも・・・。

ストッパーが真一郎とエマであったことはよく分かります。

幼馴染みの場地も、大きな役割を担っていたんですね。

作中でマイキーの安定剤は、ドラケンだと思っていました。

しかし、よく考えればドラケンもマイキーと同じ立場・・・。

仲間たちとマイキーを天秤にかければ、仲間たちの安全を優先する人格者です。

マイキーは全員の特徴を考え、最善のメッセージを残したのだと思います!

まとめ

以上、『東京卍リベンジャーズ』第200話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『東京卍リベンジャーズ』第201話の話は、週刊少年マガジンにて4月7日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※