弱虫ペダル【第631話】 ネタバレと考察・感想!段竹、熱き執念の走り

弱虫ペダル【第631話】 ネタバレと考察・感想!段竹、熱き執念の走りのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン 2021年16号(3月18日発売)の『弱虫ペダル』第631話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第630話第631話第632話

『弱虫ペダル』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

弱虫ペダル【第631話】のあらすじ・ネタバレ

新開、プレッシャーを感じる

段竹は、今まで自分をアシストしてくれた坂道に送り出され咆哮しました。

全ては、総北高校が峰ケ山ヒルクライムに勝利する為でした。

観客達は、坂道が出てくるかと思いきや、段竹が飛び出してきたことに驚きと応援をし始めました。

物凄い加速で近づいてくる段竹に驚く新開。

新開は、ゴールまで残り300mで自分と闘う為に仕掛けてきた段竹が本気だと理解しました。

上等だと言い加速を始める新開でしたが、ある事に気づきました。

それは、背後から迫る段竹が発するプレッシャーを肌で感じたからでした。

さっきまで枷に手足を封じられて動けなかった段竹が全てから解き放たれた強烈な勢いがある。

雄叫びを上げ近づく段竹を見て舌打ちする新開。

段竹は、身体中に力と熱が全身に漲り滾ってました。

恐怖もいつの間にか消えた段竹は、新開に向かって言いました。

今から自分は、新開を抜き山頂を必ず獲る。

段竹は、ペダルを高回転させて新開に並ぶのでした。

残り200mでの攻防

ゴールまで残り250mの地点で並んだ段竹。

新開は、段竹が並んだことを認めないと否定しました。

そして、山頂を獲らせはしないと段竹を引き離す新開。

しかし、歯を食いしばり走り喰らいつく段竹。

残り200mになりました。

新開は、段竹の力を驚異的に感じました。

最初の勢いだけで直ぐに失速すると予測していた新開。

全くスピードも落ちず段竹を理解できませんでした。

段竹は、苦しそうに走りながら思っていました。

それは、坂道が自分を送り出してくれた心の入った言葉が自分に伝わってきた。

耳や背中から坂道の願いや思いも全身に浸透した。

だから、負けられないと更に燃え上がる段竹。

一方、段竹を送り出した坂道は、荒い呼吸で汗を流し、力を使い果たしながらもゆっくりと段竹と

開の背中を見て追いかけていました。

そして、坂道は呟きました。

段竹に最後はお願いしますと勝利を願うのでした。

段竹の意地、新開を追い詰める

段竹は、諦めずに新開を抜くために走りました。

新開は、自分の隣に並ぶ気なのかといら立ちを隠せませんでした。

段竹は、叫び新開の隣に並びました。

ふざけるなと怒鳴り再び引き離し加速して進む新開。

そのレースを見る観客達は、一進一退のレース展開に一喜一憂していました。

大量の汗を掻きながら、新開を睨む段竹。

段竹は、新開に待てと叫び吠えました。

身体を大きく振り動かしながら進む段竹。

絶対に新開の隣に並ぶ。

そして、自分が1位となって山頂を制覇する。

その思いが段竹の支えとなっていました。

必死の形相で激走する段竹。

段竹は、再び新開の隣に並びました。

ほぼ横並びの状態になる段竹と新開。

ゴールまで残り100mとなりました。

バリアゲートの中に入って行く2人。

最後のゴールに向けてスプリントが始まろうとしていました。

遂に峰ケ山ヒルクライムのレースの終わりが近づいてきました。

残酷でも勝者が決まる瞬間がやってきました。

弱虫ペダルを無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年チャンピオン2021年16号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『弱虫ペダル』第631話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年16号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

弱虫ペダル【第631話】の考察・感想

段竹の気迫溢れる熱き咆哮が心に響きました。

真剣に勝利の為に走る段竹に痺れました。

カッコ良くなくて泥臭いけど魂の篭った走りには、もう思わず目頭が熱くなってしまいます。

新開は、段竹が今までと違い強烈なプレッシャーを自分に与えてきたことを警戒します。

傲慢で自信かの新開の別の一面が見れてギャップがあり面白いです。

新開は引き離しますが、必死に喰らい付き並ぶ段竹。

この繰り返しの白熱のレース展開が最高です。

坂道から受け取った言葉を胸に、喰らい付き新開と並ぶ段竹。

残り100mとなりました。

勝利の執念を見せる段竹。

新開に勝つことが出来るのでしょうか。

レースの勝者は誰になるのか。

非常に気になります。

次回もとても楽しみです。

まとめ

以上、『弱虫ペダル』第631話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『弱虫ペダル』第632話は、週刊少年チャンピオン 2021年17号(3月25日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!