少年のアビス【第49話】ネタバレと考察・感想!辛い中にも希望があった瞬間

少年のアビス【第49話】ネタバレと考察・感想!辛い中にも希望があった瞬間のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年19号(4月8日発売)の『少年のアビス』第49話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第48話第49話第50話

『少年のアビス』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

少年のアビス【第49話】のあらすじ・ネタバレ

悪い予感を暗示するヤンキーたち

明るく「黒瀬夕子」と名乗る女の子は野添の同級生だった。

突然話しかけれれたせいもあるのだろうか。

野添は「あ、そう…」と呆然としているだけだった。

前方に学生が歩いていることに気付いた黒瀬はすぐに身を隠し、小声で「早く」と野添を呼び寄せる。

呆気にとられた野添だが、何か訳の分からない魅力があったのだろうか。

言われるままに後をついていった。

路地を走り抜けた二人は河川敷まで逃げてきた。

ようやく人通りが少ない場所に来た二人は息を整える。

「何で急に走り出したの?」と尋ねる野添だが、黒瀬も良く分からない。

最近2、3年のヤンキーたちが母の店の前でたむろしているのだ。

やたら黒瀬に絡んでくるのだ。

先ほども野添の後ろにヤンキーたちが見えたから逃げた。

東京弁を差別しない黒瀬

思わず「大変だね」と同情する。

そういえば東京弁でいじめられていたのだ。

「だね」って言ってしまったことに気付いた野添は思わず口を押さえる。

黒瀬は東京弁で話す野添を尊敬の眼差しで見つめる。

初めて東京弁を褒められたかもしれない。

野添は少し照れる。

黒瀬は東京の人から見たら、ここはとても田舎に見えるだろうと尋ねる。

東京と言っても野添が居たのは練馬だ。

練馬ってどこ?原宿と近い?

電車で40分くらいなどと他愛もない会話を続ける。

そのような話をしていて「あっ!」と黒瀬が大事なことに気付いた。

まだ転校生の名前を知らなかった。

あらためて野添の名前を聞く黒瀬。

野添は「滝藤」と言いかけて「野添」と言い直す。

滝藤という名前に疑問を持つ黒瀬に説明する。

野添は親が離婚して母親の実家があるこの町に来たのだ。

黒瀬は「そっか」と野添も大変な状態にあることを悟る。

お互いに大変な状況

さて辺りも暗くなってきた。

川の向こうにある家に帰ろうとする黒瀬に野添は危ないから送ろうと提案する。

さすが東京の男の子は違うと感激する黒瀬。

こういう時はそういうものだろう?と真っ赤になりながら熱弁する野添。

それよりも野添は帰れるの?と黒瀬が尋ねると、普段来たことのない場所に戸惑う野添。

挙動不審な野添に思わず笑みが漏れる黒瀬。

仕方がないから先ほどの商店街まで送るよと黒瀬が提案する。

それを断る野添。

遠慮はいらないという黒瀬だが、遠慮ではなくいじめられている野添と一緒にいることが知られると黒瀬に迷惑がかかるからだ。

少し寂しそうな目を見せて、黒瀬はそれならば自分も一緒に遊んではいけないと言われるような部類の存在だと語る。

母はスナック勤めだし、父はアル中だ。

それに家は借金まみれなのだ。

言い辛いことを言わせてしまって思わず謝る野添。

お互い大変だなと語る黒瀬を見て、野添は思わず涙が流れた。

突然の涙に驚く黒瀬。

野添は逆境でも強い黒瀬に感銘を受けたのだ。

野添はずっと辛くて死にたいと思っていた。

黒瀬は野添を撫でて死ぬなんて考えたら駄目と諭す。

可憐な蕾が醜く変わる

野添は大人になった今でも黒瀬に撫でられたことを忘れられない。

今思えば、あの時に死んでおけば良かった。

「なぁに?」と濁った目で聞き返す黒瀬。

花が開く直前の可憐な蕾だった黒瀬が、まさか醜い咲き方をするとは思わなかった。

少年のアビスの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年19号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『少年のアビス』第49話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年19号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

少年のアビス【第49話】の考察・感想

野添の辛い時期でもまだ希望があった瞬間でしたね。

優しい黒瀬に野添が惹かれていくのがとても良く分かりました。

この黒瀬が今の状態に変わっていくきっかけがこのあと語られます。

ヤンキーと付き合っていくのでしょうが、まともな付き合い方ではないのでしょうね。

後悔するくらいだから野添の選択肢によっては分岐するルートもあったのでしょうか。

どちらにせよ野添はこの漫画の中ではまともな部類に属する人間のような気がしますね。

まとめ

以上、『少年のアビス』第49話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『少年のアビス』第50話は、週刊ヤングジャンプ20号(4月15日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!