かぐや様は告らせたい【第213話】ネタバレと考察・感想!藤原千花が納得しませんよ

かぐや様は告らせたい【第213話】ネタバレと考察・感想!藤原千花が納得しませんよのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年19号(4月8日発売)の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第213話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第212話第213話第214話

『かぐや様は告らせたい』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

かぐや様は告らせたい【第213話】のあらすじ・ネタバレ

付き合っていたことは知っていましたよ(石上優談)

最大の難敵であった藤原千花に告白することができた。

安心した四宮かぐやは白銀御行とともに生徒会メンバーを呼び出した。

ついに二人の関係をオープンにすることを決めたのだ。

白銀御行が男らしく「付き合っている」と宣言した。

少し間が流れるが最初に口を開いたのが石上優だった。

神妙な面持ちだから心配していた石上優は安堵していた。

なぜなら二人の関係を石上優は察していたからである。

大体クリスマス辺りから付き合ったのだろうと感じていた。

生徒会に入った時点で白銀御行と四宮かぐやはお似合いの二人だと思っていた。

遠からずくっつくだろうと思っていたのだ。

むしろ生徒会にいながら気付かない方がおかしいのだ。

付き合っていたことは知っていましたよ(伊井野ミコ談)

伊井野ミコも知っていたと手を上げる。

伊井野ミコには相談話もしていたしおかしいことはないと納得する白銀御行。

でもクリスマスからとは読み間違えたようだ。

伊井野ミコは文化祭のときには付き合ったと感じていた。

白銀御行と四宮かぐやがキスをした雰囲気を察したのだろう。

なかなか鋭い娘である。

まあ、生徒会にいながら気付かない方がおかしいのだ。

「ぜんっぜん気付きませんでしたよ(藤原千花談)」

石上優と伊井野ミコが気付いて当たり前という風に談笑している。

その二人を死んだような目で眺める藤原千花。

藤原千花のライフはゼロだった。

石上優がオタクなりに「爆発しろ」と祝福し、思い出を語る。

四宮かぐやがプレゼントを贈るのを手伝ったのは決定打だった。

伊井野ミコにも色々相談に乗ってもらった。

「まあ今更だよね」と和気あいあいとする生徒会メンバーたち。

生徒会メンバーたちを死んだような目で眺める藤原千花。

石上優と伊井野ミコが二人の馴れ初めなどを聞いている。

白銀御行と四宮かぐやが普段の甘ったるい感じを出し始めた。

「うきゃー」とついに藤原千花の堪忍袋の緒が切れた。

なんだよ、最初から居るのにまったく気付いていない私が馬鹿みたいだ。

全員肯定する。

藤原千花だって付き合っていることを指摘したことはある。

でも四宮かぐやは否定したのだ。

付き合う前に指摘したら否定されると正論棒で伊井野ミコに殴られてしまった。

私は白銀御行に立ちはだかる壁になる

二人の関係は絶対にぶちこわすと宣言する藤原千花。

伊井野ミコがくだらない男が付き合うより白銀御行の方が良かったと説得する。

確かに一理あるが、白銀御行の悪夢の特訓を知っている藤原千花は納得しきれない。

普通に生きていたら味合わなくても良い苦労をすることになるのだ。

温室育ちの四宮かぐやに耐えられるわけがない。

藤原千花の中での白銀御行評は大変なことになっているらしい。

どうしても二人が付き合いたいというならば、藤原千花の屍を超えていけと宣告する。

勝負方法は思いつかなかったので後で考えておくと通告して去っていった。

面倒臭そうに白銀御行はその後ろ姿を見送った。

かぐや様は告らせたいの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年19号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『かぐや様は告らせたい』第213話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年19号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

かぐや様は告らせたい【第213話】の考察・感想

お前は先日納得したのではなかったのかと藤原千花につっこみたくなるお話でした。

それは四宮かぐやも呆れ顔になるわけです。

もう石上優や伊井野ミコから尊敬された藤原千花先輩はいなくなったのです。

最初から尊敬されて…げふんげふん。

さて、藤原千花が立ちふさがるようですが、真面目な話にはならないでしょう。

しばらくは藤原千花をいじったお話でまわるような気がします。

あとは取り残された四条眞妃辺りの反応も見たいですね。

まとめ

以上、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第213話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第214話は、ヤングジャンプ20号(4月15日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!