かぐや様は告らせたい【第212話】ネタバレと考察・感想!大切な親友に真実を告げたい

かぐや様は告らせたい【第212話】ネタバレと考察・感想!大切な親友に真実を告げたいのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年18号(4月1日発売)の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第212話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第211話第212話第213話

『かぐや様は告らせたい』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

かぐや様は告らせたい【第212話】のあらすじ・ネタバレ

本当は伝えたかった相手

噂話で伝わる前に自分の口から伝えたい。

そう思った四宮かぐやは藤原千花を一人呼び出した。

だが、呼び出したは良いが、どのように話せば良いか考えが纏まらない。

白銀御行と付き合っていることを伝えるだけで良いのだが、付き合ってから四か月も過ぎてしまった。

タイミングを完全に逃してしまったし、恐らく生徒会メンバーの中で知らないのは藤原千花だけだろう。

ストレートに伝えれば藤原千花が傷つくかもしれない。

四宮かぐやは何とか「ぎょえ~」と驚く程度で収まらないかと悩む。

四宮かぐやは思い悩む。

なぜ今まで自分は藤原千花に真実を伝えなかったのだろうか。

彼女に言いふらされると思ったから?

違う。

藤原千花はそのような人ではない。

…ならなぜ?

四宮かぐやに救われた藤原千花

四宮かぐやが思いつめていると、藤原千花が先に口を開く。

そして別に言いたくなければ言わなくても良いと四宮かぐやを慮る。

それでも伝えたいと悩む四宮かぐやに藤原千花は昔話を切り出す。

初対面で出会った四宮かぐやはいきなりピアノをやめろと宣告してきた。

そのような非道い事を言った覚えはないと思う四宮かぐやに「間違いなく言った」と強気で攻める藤原千花。

さらに印象が最悪だったと追撃する。

藤原千花は四宮かぐやを記憶力が良いくせに、興味のないことはすぐに忘れると評する。

辛辣な言葉を浴びながら四宮かぐやは当時の自分を振り返る。

あの頃は早坂愛とも親しくなっておらず、周りは全員が敵だと認識していた。

四宮かぐやの人生で一番荒んでいた時期だろう。

そのような四宮かぐやに藤原千花はゲームをしようと話しかけてきた。

四宮かぐやは藤原千花を初対面でいきなりゲームをしようと話しかけてくるヤベエ奴だと思った印象がある。

藤原千花は四宮かぐやにピアノをやめろと言われて、本当にやめてしまったのだ。

初めて聞いた衝撃の事実に驚く四宮かぐや。

あの言葉がなければピアノを続けていたのにな、と藤原千花は責任の重さをちらつかせる。

ショックを受ける四宮かぐやに「冗談ですよ」とネタばらしをする。

その言葉がなくても藤原千花はピアノをやめていた。

真面目だった藤原千花は周囲に天才と持て囃されて、やりたくもないピアノを毎日練習していた。

遊ぶ暇なんて一日もなく、コンクールだ、次は世界だと次から次へと重責に潰されそうになっていた。

これが正しいんだと自分に言い聞かせていたけれど、もう壊れていたのだと思う。

そのようなときに四宮かぐやが「やめろ」と言ってくれた。

最初は驚いた。

なんでこんなに非道い事を言うのだろうと思った。

それでも今、自分が本当に欲しい言葉なのだと気付いた。

心から祝福する藤原千花

気持ちが楽になった藤原千花はピアノをやめて遊ぶことにした。

今までの分を取り戻すためにも、遊び相手が必要だった。

だから四宮かぐやに勝負を持ち掛けた。

もし、自分がゲームに勝ったら友達になってもらう。

四宮かぐやはその時のことを思い出した。

自分にとって大切な友達。

四宮かぐやは全てを包み隠さず話すことを決めた。

四宮かぐやは白銀御行と付き合っていると伝え、さらに男女の仲に進展していることも告げた。

「びっくりどひゃー」と立ち上がって驚いた藤原千花。

藤原千花以外に特別な人が出来てしまったことに負い目を感じていた四宮かぐや。

藤原千花は「良い事」だと告げる。

特別な人が増えていく、それこそが豊かな人生だ。

藤原千花は満面の笑みで四宮かぐやに「おめでとう」と告げる。

かぐや様は告らせたいの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年18号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『かぐや様は告らせたい』第212話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年18号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

かぐや様は告らせたい【第212話】の考察・感想

意外と空気が読める女、藤原千花は話しやすい空気を作りましたが、全然違う方向の告白でした。

もしかしたら二人の関係に気付いているかもしれないと思っていましたが、まったく気付いていませんでしたね。

やっぱりラブ探偵のセンサーはポンコツだと分かりました。

それにしても藤原千花は今では想像もつかないほど追い詰められていたのですね。

四宮かぐやも言葉がきついだけで、藤原千花の体を心配して出てきた言葉でしょうし、二人は仲良くなる運命だったのでしょう。

まとめ

以上、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第212話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第213話は、ヤングジャンプ19号(4月8日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※