キングダム【第675話】ネタバレと考察・感想!桓騎と扈輒の化かしあい

キングダム【第675話】ネタバレと考察・感想!桓騎と扈輒の化かしあいのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年18号(4月1日発売)の『キングダム』第675話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第674話第675話第676話

『キングダム』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

キングダム【第675話】のあらすじ・ネタバレ

王賁と摩論の論戦

六大将軍桓騎が担当している影丘前線では死傷者が続出していた。

各地で呻き声が出ている状況を見つつ、王賁たちは戦略の不明を責める。

そのような状況で桓騎軍参謀の摩論が戦略の説明を行うためにやってきた。

まったく歓迎されていない雰囲気が漂う中、摩論は地図を広げて説明を始める。

しかし、関常はこの戦略に納得がいっておらず、戦略の変更を要求する。

凡人が大計を理解できないのは仕方ないと意に返さず、摩論は戦略の変更には応じない。

影丘を攻めることが厳しいことも、それを成功させることが有効なことも王賁は理解している。

それゆえに王賁は「桓騎兵も血を流せ」と条件を出した。

戦場を分析すると、桓騎兵以外が影丘に集められている。

王賁は兵の選別をしている桓騎を暗に非難する。

摩論は顔色一つ変えず、差別しているのは王賁たちだと言い放つ。

もし、この戦略が桓騎ではなく王翦が立てたものだったなら、王賁たちは反意を示したであろうか。

論破したと確信した摩論はニヤリと笑みを見せ、戦略に従うように促した。

影丘攻めの主力になった玉鳳隊

王賁たちが摩論と論戦を繰り広げている頃、飛信隊も前線に到着していた。

自分たちを呼んだはずの桓騎も王翦も待機命令のままである。

桓騎軍に加わりたくない飛信隊は勝手に王翦軍に加勢に行くかと考えるが、待機命令を破るのも問題になる。

歯がゆい思いをしている李信のもとに伝令が入る。

玉鳳隊が桓騎軍の左翼に組み込まれたようだ。

そして壊滅状態にあった左翼の主力として戦うらしい。

河了貂が危惧していた影丘攻めである。

何度も関わってきた玉鳳隊の心配をする飛信隊たち。

関常は何度も確認する。

一度戦闘を開始したならばもう止められない。

大きな死者が出る戦いだ。

引くに引けない戦いになるだろう。

勝てば良い。

そのように指示する王賁を中心に戦場に向かう玉鳳隊。

桓騎の深謀遠慮なのだろうか

戦場でも女を連れ込んでいる桓騎。

いつも通り言葉少なく桓騎の考えは摩論でも理解することは難しい。

たとえ玉鳳隊に影丘を攻めさせたとしても摩論は攻略が難しいと考えている。

桓騎はそれを否定しない。

強引な戦略は摩論も望んでいない様子だ。

摩論は王翦軍や楊端和軍よりも桓騎軍が深く侵攻している現状を危惧する。

もし玉鳳隊が壊滅したら桓騎軍自体が危険に晒されるのである。

摩論は後退するのも一計だと提案する。

桓騎はそれも否定しない。

後退を許容してもらえて嬉しそうな摩論に桓騎は「中央と右翼を前に出させろ」と指示を出す。

嫌そうに許諾する摩論。

匹夫の勇なのだろうか

桓騎の迂闊な突出を見逃さなかったのが、趙国の大将軍である扈輒だ。

15万にもなる本軍を引き連れて扈輒が出陣した。

自慢の龍白公将軍、岳白公将軍、虎白公将軍を引き連れて自信満々である。

一方、漁夫の利を狙う予定だった摩論は、自分たちがターゲットになってしまったことに慌てふためく。

今すぐ撤退すればまだ間に合う。

そう進言する摩論に桓騎は「前進だ」と告げる。

キングダムの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年18号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『キングダム』第675話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年18号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

キングダム【第675話】の考察・感想

李信なら感情に任せて喧嘩しそうなところですが、王賁は合理的に摩論と論戦を繰り広げます。

王賁の将軍としての才覚が表現されていて良いですね。

しかし王賁は王翦相手には反逆しない点をつかれると痛いです。

この王翦に従う描写は王賁の大将軍としての資質にマイナスに働いている気もしますね。

将軍なら構わないのですが、大将軍なら王翦相手でも意見を通さなければならない場面もありそうです。

この辺りは蒙恬なら飄々と切り抜けそうなイメージがありますね。

まとめ

以上、『キングダム』第675話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第676話は、週刊ヤングジャンプ2021年19号(4月8日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!