かぐや様は告らせたい【第211話】ネタバレと考察・感想!自分の口から伝えたい

かぐや様は告らせたい【第211話】ネタバレと考察・感想!自分の口から伝えたいのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年17号(3月25日発売)の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第211話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第210話第211話第212話

『かぐや様は告らせたい』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

かぐや様は告らせたい【第211話】のあらすじ・ネタバレ

健全な男子

なにやら成し遂げた雰囲気が漂う白銀御行に誰か来ていたの?と投げかける白銀圭。

背を向けたまま「いや?」と何事もなかった風を装う白銀御行だった。

だが、内心はとても動揺していた。

部屋に戻った白銀御行は昨夜の四宮かぐやとの情事を思い出して赤面する。

四宮かぐやにも裸体が存在していたのだなと馬鹿げたことを考えてしまう。

自分がここに存在しているということは、祖先全員がアレを経験しているのだ。

格好つけて焦らなくても良いなんて言ったのに「あ~」と悶える白銀御行。

いや、仕方ない。

手を繋いだだけで反応する健全な男子だ。

あんなに好きだとアピールされたら止められるわけがないのだ。

自己嫌悪に陥りつつ、四宮かぐやの残り香で良い気持ちになる自分にさらに悶える白銀御行。

ガールズトーク

一方、四宮かぐやは早坂愛に全てを打ち明けていた。

早坂愛は赤面しつつ「最後まで?」と念を押して確認する。

四宮かぐやも赤面しつつ頷く。

完全に先を越された口惜しさだろうか。

早坂愛は枕を抱えてじたばたする。

早坂愛は自分のペースで進めるはずだったのでは?と指摘するが、四宮かぐやは「仕方ないでしょ

とライブ感でつっぱしったようだ。

四宮かぐやはキスの魔力について語る。

もう最後には自分で誘惑している形になったのだ。

何だかんだで興味がある早坂愛は、感想を聞く。

「なんかすごかった」と四宮かぐやは感想を述べる。

「なんかすごいんだ」と早坂愛は想像力に花開かせる。

四宮かぐやはさらに生々しく語る。

行為の良さは良く分からなかったけれど、人肌の安心感が素晴らしかった。

人が行為にやみつきになるのが分かると四宮かぐやは悟ったように語る。

普通の女性になりたかった

高貴で潔癖だった四宮かぐやはもっと自分を大切にするものだと思っていた。

でも四宮かぐやは大したことではないと考えている。

特別なことは求めない。

ありふれたどこにでもいる高校生カップルが理想だったのだ。

普通…という言葉を聞いて、早坂愛は思う。

白銀御行に恋をしてから四宮かぐやは変化していった。

楽しいことを楽しいと素直に言えるようになった。

早坂愛は今の四宮かぐやが好きだ。

いつか口が悪くて小狡い普通の女性になっていくのだろう。

早坂愛は微笑を浮かべて四宮かぐやを見つめる。

藤原千花だけには自分の口から伝えたい

もうすぐ白銀御行は学園を去る。

四宮かぐやは今までにやりたかったけどやれなかったことをやりつくしたいと願う。

色々と吹っ切れた四宮かぐやは、白銀御行と一緒に登下校したり、お弁当を食べたり、遊びに行ったり、色々したいことは山ほどある。

「噂されるでしょうね」と早坂愛は答える。

それでも四宮かぐやは「誰に噂されても良い」と平然としている。

強くなった四宮かぐやを見ながら早坂愛は無言を貫く。

でも、四宮かぐやには一人だけ自分の口から伝えたい人がいた。

ずっと生徒会で支えてくれた藤原千花を四宮かぐやは思い浮かべる。

かぐや様は告らせたいの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年17号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『かぐや様は告らせたい』第211話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年17号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

かぐや様は告らせたい【第211話】の考察・感想

もっと早坂愛にマウントして完膚なきまでに叩き潰すかと思いましたが、思ったよりは落ち着いた四宮かぐやでしたね。

むしろ興味津々っぽい早坂愛が可愛らしかったです。

さて、これまで恋愛描写では蚊帳の外だった藤原千花が、ついに参戦します。

彼女だけは本当に気付いていなかったのか、実は気付いていたのかまったく予想ができません。

でも、知れば普通に祝福してくれそうではあります。

四宮かぐやと藤原千花の出会いなども語られるでしょうから楽しみにしています。

まとめ

以上、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第211話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第212話は、ヤングジャンプ19号(4月1日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※