BE BLUES!【第439話】ネタバレと考察・感想!完全復活をした龍

BE BLUES!【第439話】ネタバレと考察・感想!完全復活をした龍のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年21号(2021年4月21日発売)の『BE BLUES!(ビーブルース)』第439話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第438話第439話第440話

BE BLUES!【第439話】のあらすじ・ネタバレ

反撃の武蒼

赤城中央のコーナーキックを防いだナベケンからのフリースローを受けた龍。

マークに付く野原は、龍からズシンとくるプレッシャーを感じずにはいられない。

確かに龍は上手いし、驚くようなプレーをする嫌な選手には違いないが、ここまでの圧は無いだろうと野原は戸惑うばかりだ。

技術、プレー、眼光が波濤のように変わった龍の勢いが、相手に押し寄せてくる。

速攻で斬り込もうとする龍を野原は止められるのか。

誰も龍を止められない

そのままカウンターを仕掛ける龍は、コーナーキックからのピンチから一転するも、プレーを一旦落ち着かせる気はないようだ。

思い描いたプレーを見せつけてやれと、ゴールを守ったナベケンは龍に大声で叫ぶ。

赤城中央は守備に残ると見せかけたセンターバックがオーバーラップしてシュートを放ったことから、前線は武蒼FWと赤城中央DFは3対3。

龍が野原を躱せば大チャンスが訪れる可能性があった。

落ち着けと自分に言い聞かせながら立ち塞がる野原。

自分が龍を5秒留めておけば、味方が戻りカウンターのピンチを防げるからだ。

気迫の入った守りに良いDFだと感心する龍。

4、3・・・と脳内で残り時間をカウントする野原だが、その瞬間にフェイントを入れて右から斬り込んでいく龍。

抜かれた野原はヤバいと思いつつも、まだ諦めない。

しかし、龍はすぐに次のプレーを行動に移していた。

右足によるグラウンダーのパスは放たれる。

赤城中央陣地にできた大きなスペース

そこに走り込んでくるのは右サイドの矢沢だ。

端から見ても絶好調すぎる龍は、味方ベンチで観戦しても分かるくらいプレーが軽やかで余裕が見て取れる。

気のせいかもしれないが、ひいき目に見ても龍だけは周囲にまとう空気が違っているようだ。

ピッチを疾走する龍。

その姿に観客やベンチ、見る者すべてを虜にするのだった。

早くも2点目

オーバーラップして右サイドを駆け上がる矢沢。

赤城中央のDFは待ちやがれと必死に追いかける。

そして龍もそのまま中央から赤城中央のゴールに向かっている。

矢沢にシュートを打たせまいとDFに指示するGK。

応援団は矢沢に打てとシュートを期待して声援が飛ぶ。

その矢沢は龍をチラ見すると、それに呼応するかのように龍の動きが変わったのだ。

すかさずペナルティーエリア内の中央に折り返す矢沢。

そこに走り込んできたのは龍だった。

赤城中央のDFは2枚だが、虚を突かれたか誰も龍をマークすることは出来ない。

ノートラップでそのままシュートする龍。

ボールは子を描き相手ゴールに突き刺さる。

すごいと歓喜に湧く武蒼の面々。

やはり今日の龍はキレ過ぎるほどのプレーだ。

そんな中、観戦する宮本は指折り数えていた。

中1、中2・3、高1…2。

龍が完全復活するまでの長い5年間だ。

5年ぶりの雄姿に本物の龍がピッチに戻ってきたと実感する宮本。

鮮烈なゴールを決めた龍の姿を見て、必死に誤魔化すが涙が自然にあふれて止まらない。

この1点は待っていた者たちに5年分の重みを持つシュートだ。

前半10分。

武蒼2-赤城中央0。

BE BLUES!の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年21号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『BE BLUES!』439話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年21号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

BE BLUES!【第439話】の考察・感想

優れたプレーヤーというものは、とかく素人目で見ても「コイツ違うな」と一発で分かるものです。

今回の龍のプレーはまさにそれ。

ピッチでの存在感がまるで違い過ぎます。

異次元のプレーに観客の視線を独り占めする龍。

一方、小学生時代の輝かしいプレーを知る人たちには、その蘇った姿に感涙するばかり。

それは読者にとっても同じことで、この辺りの共有感は長期連載ならではと思います。

しかしながら、同情すべきは赤城中央。

前半で早くも2点差と、このまま覚醒した龍の引き立て役になりそうです。

まとめ

以上、『BE BLUES!』第439話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『BE BLUES!』第440話は、週刊少年サンデー2021年22・23号(4月28日発売)に掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!