Dr.STONE【第190話】ネタバレと考察・感想!石化装置がアメリカで完成!!

Dr.STONE【第190話】ネタバレと考察・感想!石化装置がアメリカで完成!!のアイキャッチ画像
最新刊を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年16号(3月22日発売)の『Dr.STONE』第190話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第189話第190話第191話

Dr.STONE【第190話】のあらすじ・ネタバレ

ゲンは龍水が射殺される様子を見て、降伏を決意。

白旗を掲げて降参をアピールするも無視され、攻撃は続きます。

一方、千空たちもスタンリー一行の攻撃にさらされ、ダイヤモンドが全て燃え尽きてしまいました。

もうダイヤ電池制作に挑戦することができない中、アメリカにいるジョエルから一本の通信が入ります。

その内容は、石化装置の完成!!

ジョエルは見事、ダイヤ電池を削り出すことに成功していました!

しかし、石化装置の完成がブロディにバレてしまい、石化装置は没収…

頑丈な金庫の中に保管されてしまいました。

最後に千空は、アメリカにいるジョエルたちに指示を出して、アメリカでも戦闘開始!

ブロディたちを前に正面突破を試みます!!

ジョエルが石化装置を完成させる!!

ゲンは龍水が銃弾で撃ち抜かれる光景を目の当たりにして、降伏を決意。

自分の服を引き裂いて白旗を作り、降参の意思を示しました。

しかし、スタンリー一行はゲンの白旗を無視して攻撃を続行!

ゲンの白旗は無惨にも破壊されてしまいました…

一方、千空たちはスタンリー一行による爆撃を受け、ダイヤモンドが全て燃え尽きてしまいました。

千空とカセキが落胆し、ダイヤ電池制作を諦める中、一本の通信が千空たちのもとに入ります。

それは、アメリカでダイヤ電池制作をしているジョエルからでした。

その内容は、ダイヤ電池を作ることに成功し、石化装置を完成させたというもの!!

試しにグラスの中に入れて起動させると、石化装置は見事、石化光線を放ちました!

ジョエルはカセキたち職人の協力があってこそ石化装置が完成したことに、感謝の意を示します。

石化装置はブロディに没収されてしまう

ジョエルはかつてフランソワが放った「二手に分かれる」という通信を受け、それが「ダイヤ電池は劈開面を真ん中にもっている」、という意味であることに気づきました。

試しにダイヤ電池を割ってみると、確かに真ん中できれいに割れることを発見!

そのことを知ったジョエルは自慢の腕前でダイヤ電池を見事に削り出し、石化装置にはめることで完成させたのでした!

しかし、喜びもつかの間、ブロディに石化装置の完成がバレてしまい、没収されてしまうことに…

頑丈で巨大な金庫の中に保管されてしまいました。

千空はアメリカにいる仲間に戦わせる!

ゲンは、スタンリー一行が強行突破してきたこと、白旗を無視して攻撃したきたこと、コハクたちが何もできずにやられるはずがないということから、スタンリー一行が無線機を持っていないことに気づきます。

そのことをゲンから聞いた千空は最後に、アメリカにいる仲間たちに無線で指示を出しました。

その通信の内容は、正面突破!?

千空の通信を聞いた仲間たちは、ブロディたちに反旗を翻します!

こうして、アメリカでも激しい戦いが繰り広げられようとしていました!!

Dr.STONEの最新刊を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『Dr.STONE21巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で、すぐに50%OFFクーポンを貰えるので、『Dr.STONE』の最新刊(21巻)を今すぐ半額で読むことができます。

最新刊も50%OFFで読める!

Dr.STONE【第190話】の考察・感想

アメリカにいるジョエルたちは、無事に石化装置を完成!

流石はプロの職人といったところでしょうか、素晴らしい成果です!!

カセキたちの積み重ねてきた失敗があったからこその完成に、こちらとしても涙が出そうになりますね。

しかし、肝心の石化装置はブロディにより取り上げられ、挙句の果てに金庫の中へ保管されることに…

一見すると絶望的なこの状況ですが、アメリカではここからどのような展開になっていくのでしょうか?

アメリカにいる千空たちがどのような作戦をとるのか考察してみましょう!

考察①:石化装置でブロディたちを石にする

まず最初は『石化装置を使って敵であるブロディたちを石にする』です。

石化装置が保管されたのは金属製の金庫でした。

これなら、石化装置に直接声を入れることはできなくとも起動できる可能性があります。

物体の音の伝わりやすさはその物体の状態により大きく変化するのです。

基本的には、気体よりも液体、液体よりも固体の方が音を伝えやすい性質があります。

よく映画やドラマで線路に耳を当てて、「電車が来るぞ!」なんて言っているシーンがありますが、あれは電車の走る音よりも線路に伝わる振動の方が音が伝わりやすいからやっているわけです。

これと同様に、金庫越しに大声で石化装置の起動メッセージを入力することで作動させ、ブロディたちを石にすることができると思われます。

考察②:石化装置でアメリカ中の人間を石にする

次に、『石化装置でアメリカにいる人間全てを石に変える』です。

これは自爆技ですが、やるだけの価値は十二分にあります。

アメリカにいるスタンリーの仲間が石にされると、それを元に戻せる人間は限られるでしょう。

千空が復活液のレシピを公開していましたが、それも人がいなければ使うことはおろか、作る事すらできません。

おそらく、まともに復活液が作れるのは千空がゼノの2人くらいかと思われます。

しかし、ゼノは千空たちの人質に。

アメリカの人質もスタンリーの仲間もろとも石にされており、手を出すことができません。

よって、戦況はゼノを人質にとっている千空の圧倒的有利になります。

そのため、アメリカ中の人間を石に変える自爆技もありだと考えられるのです。

まとめ

以上、『Dr.STONE』第190話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『Dr.STONE』第191話は、週刊少年ジャンプ17号(3月29日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!