炎炎ノ消防隊【第261話】ネタバレと考察・感想!前を向くカリム

炎炎ノ消防隊【第261話】ネタバレと考察・感想!前を向くカリムのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年18号(3月31日発売)の『炎炎ノ消防隊』第261話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第260話第261話第262話

炎炎ノ消防隊【第261話】のあらすじ・ネタバレ

人として尊敬できるヴァルカン

アーサーはついに竜王の城にやってきた。

ゲームの話だ。

城の前で佇む勇者を見ながら、ヴァルカンにアーサーは「ありがとう」と述べる。

ヴァルカンも無心で「ここまで来たな」と答える。

これから最終章、勇者の戦いに入る。

だが、その前にアーサーはヴァルカンがいなければここまで来れなかったことに感謝を述べる。

こんな事態に最後まで付き合ってくれたのだ。

いつもと様子が違って畏まったアーサーに違和感を覚えるヴァルカン。

アーサーは常に冷静で強いヴァルカンを人間として尊敬している。

ヴァルカンはアーサーの意図が分からず怪訝そうに眺める。

アーサーはユウのことだと告げる。

ヴァルカンは焔人にされたユウを思い出して拳を握る。

アーサーはユウの行方が分からないことを聞いていた。

ヴァルカンは今すぐにでも行方を捜したいだろう。

ユウはアーサーたちにとっても大事な仲間なのだから。

ヴァルカンとユウの出会い

少し落ち着いたヴァルカンはユウとの出会いを語る。

ヴァルカンは爺さんやジョバンニの件もあり、弟子を取る気はなかった。

そのようなヴァルカンのもとにユウは何度も押しかけて来た。

いつもニコニコ笑っておもちゃを大事そうに抱えていた。

ユウはきっと恵まれた坊ちゃんで、面白半分でヴァルカンを訪ねてきているのだと思っていた。

ある時、町へ買い出しに出たヴァルカンは路上で毛布に包まっているユウを見つけた。

ユウは火事で両親を亡くしていた。

普通の孤児は聖陽教の孤児院に引き取られるが、なぜかユウはそこへ行くのを嫌がった。

一人で生きていくことを決めたユウの心の支えになったのは、いつも大事に抱えていたガラクタ人形だ。

ユウはガラクタを作れる技師になりたくてヴァルカンのもとへ訪れたのだった。

ヴァルカンは弟子を取らないと決めていた。

だからユウは弟子ではなく家族だ。

家族として迎え入れたときのユウの嬉しそうな笑顔を今も忘れることは出来ない。

ヒーローになれなかった

しばらくしてリサも加わって3人で暮らすようになった。

ユウはいつもヴァルカンの作業を真似ていた。

本当の弟みたいだった。

だからヴァルカンは兄として絶対にユウもリサも守ると決めた。

だが、ヴァルカンは技師であり戦闘力はない。

自分もユウたちの前ではアーサーやシンラのようにヒーローでいたかった。

涙を流しながらヴァルカンは「でも、できなかった」と悔しがる。

ユウを守ってやれなかった後悔で塞ぎ込むヴァルカンを抱え込み、アーサーは俺が何とかすると宣言する。

ユウもドラゴンもシンラもヴァルカンが作ってくれたエクスカリバーで解決するのだ。

始動するアーサー

その頃、一般市民を小学校に避難させている第八消防隊。

市民の顔には安堵が戻ってきているが、マキの父ダンロウは状況が一向に改善しないと危機感をつのらせる。

リヒトはモブの人間をいくら助けたところで解決しないと分析する。

スミレは必死に市民を救っている消防隊を無駄だと言い放つ。

「強者の絶望がある限り大災害は止まらないのだ」とまるで読者に言い放つように視線を向ける。

さて、アーサーは竜王ドラゴーンとの対決まで来て、コントローラーを置く。

準備は整ったと宣言したアーサーは本当のドラゴンを討つ為に部屋を出る。

ヴァルカンにエクスカリバーを天にかざさせ、これでユウの居所が分かるとアーサーは告げる。

そのような機能はエクスカリバーにないと言おうとするヴァルカンだが、アーサーの目は真剣そのものである。

炎炎ノ消防隊の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年18号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『炎炎ノ消防隊』第261話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年18号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

炎炎ノ消防隊【第261話】の考察・感想

正面戦闘能力のないヴァルカンの悲痛な思いが切ないですね。

冷静なヴァルカンの涙は本当に良い場面です。

部屋でゲームをしていなければ…。

それにしても守りたい人がいても力がなければ守れないというのは、モブをいくら助けても意味がないというリヒトの話と繋がっているのかもしれません。

少年漫画としては悲しい論理ですが、アーサーの活躍する舞台は整いました。

ようやくゲームから離れたアーサーによるカタルシスの解放が得られそうですね。

まとめ

以上、『炎炎ノ消防隊』第261話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『炎炎ノ消防隊』第262話は、週刊少年マガジン19号にて4月7日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※