【推しの子】【第38話】ネタバレと考察・感想!私の事大好きにしてみせる!

【推しの子】【第38話】ネタバレと考察・感想!私の事大好きにしてみせる!のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

ヤングジャンプ2021年17号(3月25日発売)の『【推しの子】』第38話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第37話第38話第39話

『推しの子』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

【推しの子】【第38話】のあらすじ・ネタバレ

サイリウムのカラー

JAFに来た男性3人組。真ん中にいる年かさの男に、他の2人がこのまま次のステージを見て行っていいか尋ねた。店長と呼ばれた年かさの男は、次のステージが『B小町』であることに興味を持ったらしい。名前だけ同じでも仕方ない、と言いつつもちょっと見て帰る気になったようだった。

イントロが流れ、『B小町』のステージが始まった。センターに立つ有馬かなは、直前まで緊張していたものの一度ステージにあがってしまえば冷静すぎるほど落ち着いた。

冷静に観客を眺める。インフルエンサーのMEMちょのおかげで集客は悪くない。サイリウムのカラーはMEMちょが黄、ルビーがアイと同じ赤、かなは白。前に近い客が降っているのは黄色が多い。思ったより赤のペンライトも目立っていた。

集客の柱はMEMちょで、客はMEMちょ目当てがほとんどだ。あの子がセンターの方が客は喜んだだろうなとかなは冷静に思った。

ステージを見ていた店長たち。店長は『B小町』古参オタとしての感想を求められ、アイがいないこんなんは『B小町』とは別物だと言いながらも歌い踊るルビーに目を奪われ、そらせなくなっていた。

輝く笑顔で歌うルビー。その笑顔にアイの面影が見える。店長は、赤のサイリウムを振り始めた。

眩しいルビーにかなは目を細めた。アイドルが好きで、楽しそうで、アイドルになるために生まれてきたようなルビーは、これからどんどん誰かの心を奪ってファンを増やしていくのだろう。

私を見て

(羨ましい)

かなは、センターでありながら気持ちはルビーとMEMちょより後ろにいた。皆に求められる二人が心底羨ましかった。

かなを見てくれる人は誰もいない、母もマネジャーも。ファンですら昔の面影を見ているのだ。

誰か私を見て、それだけを十数年叫び続けていた。必要だと、使えると、頑張ったねと褒めてほしい。

(私はここに居て良いって言って)

推しの子になる!

その時かなの目に、白のサイリウムの光が目に飛び込んできた。

右手に持った白のサイリウムを高く掲げていたのは、アクアだった。

かなが見つめていると、アクアは左手にも黄色と赤のサイリウムを持ち、その場でオタ芸よろしくサイリウムを3本振り始めた。

思わず吹き出しそうになるのをこらえるかな。スました顔で三人のサイリウムを振って箱推し気取りのアクアにこの浮気者、と笑いを押し殺した。

(本当にムカつく男 目に物を見せてやる)

かなは心に決めた。かながアイドルをやっている間に、必ずアクアのサイリウムを真っ白に染め上げて見せる。――大好きにさせてみせる。

『アンタの推しの子になってやる』

アクアにそう宣戦布告したかなのパフォーマンスは、迷いを吹っ切ったかのようにキレが上がった。

「店長 あの子もなんか良くないですか?」

店員はなんか表情も良くなってきて正直推せる、とかなに目を奪われている。

ちょっと見るだけのつもりだった店長も、ステージに釘付けだ。

『B小町』三人ともエース級の容姿、特にセンターのかなはオタ受けど真ん中で歌も上手い。

「人気 でるかもなぁ」

――ステージは、大歓声の中終了したのだった。

【推しの子】の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年17号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『【推しの子】』第38話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年18号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

【推しの子】【第38話】の考察・感想

元々かなは、ルビーやメムちょに比べるとちょっと見た目のインパクトが少なめな気がしてました。

今回のステージでも、一目を引くルビーとインフルエンサーのメムちょにファンを持ってかれてるような描写がありましたが、アクアのオタ芸によって一気にかなの気持ちが切り替わったところが印象的でした。

誰も見てないと思ったら、好きな人(アクア)は見てくれていた…。これはめっちゃ力が出ますよね。自信が生まれてきたところで、他の注目もどんどん集めていく。

子役時代からのトラウマにがんじがらめになってるかなですが、この調子でみんなの【推しの子】になって欲しいな~と思いました。

まとめ

以上、『【推しの子】』第38話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『【推しの子】』第39話はヤングジャンプ18号(4月1日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※