あおざくら 防衛大学校物語【第221話】ネタバレと考察・感想!続く訓練!近藤達がその果てに見たものは!?

あおざくら 防衛大学校物語【第221話】ネタバレと考察・感想!続く訓練!近藤達がその果てに見たものは!?のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年16号(3月17日発売)の『あおざくら 防衛大学校物語』第221話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第220話第221話第222話

あおざくら 防衛大学校物語【第221話】のあらすじ・ネタバレ

ミスを乗り越えて

円陣を組むチームβ一同。

ミスを経験した上で近藤は通常のチェックに加え、他のメンバーで再びチェックを行う「ダブルチェック」を行うこととした。

少しのひと手間で安心が買えるのであれば安いものと、他のメンバーも納得していた。

リーダーの伊東もこの案を早速実践していくことを指示する。

近藤の機転の利きように伊東も感服するのであった。

船乗りとして

艦上では教官千葉の下、水中行方不明者の捜索を想定とした「溺者救助訓練」が行われた。

人間と同じ重さにした人形を使い、訓練は迅速に執り行われた。

人形を担架に乗せ、慎重に運び、心臓マッサージを行った。

次に、行われたのは「防火訓練」。

近藤達は火災が発生したとされる第三艦員室へと駆け込む。

3分以内に防火服と酸素呼吸器を取り付けるも、あまりもの暑さに近藤達は悲鳴を上げていた。

装着点検の合格を受け、火災現場に急行し、消火訓練を行う近藤達。

続いては「防水訓練」。

艦内で亀裂が発生し、浸水していることを想定している訓練である。

浸水したフロアを封鎖し、木組みを作ってハッチを固定する作業に移る近藤達。

挿し木をハンマーで打ち付け、天井と床に圧を掛ける様に浸水を塞ぐ作業を行った。

「防水、防火、どちらも行えないと船乗りは務まらない」

千葉は海上自衛隊としてのモットーを学生達に教え込むのであった。

怒涛の訓練

食堂にて昼食をとる学生達。

しかし、食事中にも拘わらず波によって大きく揺れ動く艦内

食事は右へ左へと大きく飛び、学生達も座っている椅子から吹き飛ばされるのであった。

椅子は机に固定されているからこぼれない、と頭に飛んできた茶碗をかぶりながらその場を分析する山並。

そういう問題じゃないといった様子の永倉は、再び揺れが起こる前に凄まじいスピードで昼食を胃に流し込む。

食事を終えた近藤達は、点呼替わりの木札を返し、自らが立案した「ダブルチェック」を行った。

谷に木札を確認させ、その後に沖田にもう一度確認させる。

その様子を伊東は静かに遠くで見守っていたのであった。

午後から行われたのは「内火艇訓練」。

艦の中に格納されている内火艇という小型船を使っての訓練が始まった。

内火艇に乗り込む学生達だったが、エンジン艇ということで今までやってきたカッター訓練が無駄だったのではという声が上がる。

しかし、内火艇のエンジンが故障した際にはオールで手漕ぎするケースもあると千葉から伝えられ、「カッターの意味があった」と納得する学生達であった。

次に「戦術運動蛇行運転」の座学を行うと、千葉から伝えられた。

訓練の連続で疲弊する学生達の中、近藤はひとり目を輝かせていたのであった。

満天の星空

座学、ランニング、調理と様々な訓練をこなしていく近藤達。

夜、「天測航法」という訓練の一環で学生達は甲板に出た。

甲板の上に広がる夜空は絶景であり、学生たちも目を奪われていた。

時を同じくして、航空要員の岡上、陸上要員の土方、そして一学年の小島、太田も同じ夜空を見つめていた。

次の日には横須賀に上陸、訓練は終了となる。

伊東は「楽しかったね」と呼びかけ、「ああ」と笑みを浮かべながら返す近藤。

部屋に戻った後は、打ち上げをすることを宣言する伊東であった。

β班が自室に戻る最中、トイレに行っていた谷はひとり艦内を歩いていた。

未だ船の揺れに慣れない谷は帽子を落とし、艦内の壁に頭をぶつけていたのであった。

あおざくら 防衛大学校物語の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年16号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『あおざくら 防衛大学校物語』第221話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年16号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

あおざくら 防衛大学校物語【第221話】の考察・感想

長く続いた苦しい訓練もいよいよ終了を迎えそうです!

伊東の指示の下、近藤は自分なりに考え、ミスを再び起こさないようチェックを徹底させました。

その結果、何事もなく無事に訓練を終えることができそうです。

しかし今回のラスト、谷が艦内を歩き、ふらついている意味深なシーンで終わっています。

次回のチームβでの打ち上げ、谷を起点とした新たな問題が発生してきそうな気がします…

伊東に関してはまだ謎の部分が多いので、打ち上げで本性が垣間見れるかもかもしれませんね(笑)

まとめ

以上、『あおざくら 防衛大学校物語』第221話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『あおざくら 防衛大学校物語』第222話は、週刊少年サンデー17号(3月24日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※