あおざくら 防衛大学校物語【第222話】ネタバレと考察・感想!横須賀訓練終了!伊東との溝は埋められたのか!?

あおざくら 防衛大学校物語【第222話】ネタバレと考察・感想!横須賀訓練終了!伊東との溝は埋められたのか!?のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年17号(3月24日発売)の『あおざくら 防衛大学校物語』第222話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第221話第222話第223話

あおざくら 防衛大学校物語【第222話】のあらすじ・ネタバレ

乗艦実習訓練終了

横須賀基地、乗艦実習を終えた学生たちは教官らの最後の徴集を受けていた。

威勢良く返事をする学生たち、「チームβ(ブラボー)お疲れ様でした!」と円陣を組んで手を合わせたのであった。

艦から降り、久々の地面に喜ぶ学生たち。

まだ揺れが残っている者やワッチで熟睡できなかった者など、学生の状態はさまざまであった。

伊東という人間

防大に帰る道中、「何食いたい?」と近藤に聞く同じチームβの班員であった篠原。

前に約束していた打ち上げを行うから、食べたいものの希望を聞いてきたのであった。

近藤は「肉」と答えると、篠原は他のメンバーにも予定も聞き出し、手慣れた手つきで店の予約を済ませてしまうのであった。

自分は少林寺の試合が近いから打ち上げは欠席で、とひとりタクシーを使って帰ることを告げる山並。

打ち上げの参加について沖田に問う近藤だったが、沖田は渋い顔をしながら「行くけど…」と絞り出すように声を出した。

同じ同期の近藤に対し、見下したとも取れるような伊東の発言。

同期としてそれはどうなのか、沖田は伊東のことをはっきりと「苦手」と告げた。

そう聞くと、近藤は艦内であったことを頭の中で巡らせる。

船員の中では伊東の評判が良かったことと、その伊東のことに対して「負けるんじゃねえぞ」という千葉教官の言葉。

自分と伊東は同じ班の人間であるにも関わらず、「負けるな」という言葉に不思議な感覚を覚える近藤であった。

そうしていると、近藤を見つけた伊東は駆け足で近寄り「学校まで一緒に帰ろっか」と誘ってきた。

それを聞き、驚愕めいた顔をする沖田。

剣道部の一学年の面倒を見る約束だった、と沖田は強めの口調で言うと、そそくさとひとりで帰ってしまうのであった。

そんな沖田の態度に対し「そこは大人になれよ」と顔を引きつらせる近藤。

自分は苦手な吉田教官や土方にもちゃんと向き合ったことを思い出していたのであった。

打ち解ける近藤と伊東

帰り道は近藤と伊東のふたりで歩くこととなった。

すると、伊東は谷の木札の件で近藤に謝罪するのであった。

木札についてあえて知らないふりをしたのは近藤を信頼した上で、失敗が学びになればという目論見とのことだった。

「勝つことばかり知りて負くること知らざれば害、その身に至る」

徳川家康の格言だと近藤は言うと、伊東は子気味よく返事をする。

遠泳や棒倒しやカッターなど、大きなイベントが終わって油断している今こそ失敗が大切なんだと伊東は語る。

油断という言葉を聞いた近藤は、自分が校友会で銃を折ってしまったことを伊東に話す。

それを聞いて驚く伊東。

するとふたりは銃の性質について語り始める。

どこか打ち解けたようなふたりは、笑いながら帰路につくのであった。

明日の遠泳に向けて

場所は変わり、防衛大学校のプール。

一学年の学生たちは吉田教官の指導の下、次の日の遠泳に向けて最後の調整を行っていた。

女学の太田は泳ぎが苦手ながらも、教官や岡上の指導により、泳ぎの上達を実感する。

多少の不安を残しながらも、「大丈夫、いける!」と自分を奮い立たせるのであった。

夜、食堂にて近藤の下に駆けつけ、「訓練お疲れ様です」と挨拶をする小島と太田。

そうすると近藤はふたりに、後で自分の部屋に来るように促す。

近藤の部屋、そこで渡されたのは小島と太田に対しての、チームβのエールが書き込まれた色紙であった。

夏季定期訓練中にこっそり書いていたとのことだったのだ。

次の日の遠泳に向けて「頑張ってね」とふたりに声をかける近藤。

しかし太田は顔を赤らめてポーッと遠くを見つめているのであった。

そんな太田の様子を心配する近藤だったが、太田はあたふたと「心配ありません」とその場を誤魔化そうとする。

そして改めてふたりに対し、声援をかける近藤。

熱意のこもった返事をする小島と太田。

しかしその夜、太田は顔を赤らめたまま眠れないでいた。

なぜ自分はこんなに緊張しているのか、自分の様子になにか違和感を覚えていたのであった。

あおざくらの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年17号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『あおざくら』第222話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年17号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

あおざくら 防衛大学校物語【第222話】の考察・感想

横須賀、呉での乗艦実習がついに終了しました!

伊東とはいろいろありましたが、それなりには打ち解けた様子の近藤。

しかし沖田はまだ伊東をいまいち信じられない様子です。

まだ伊東の全貌が明らかになっているとは言い難いので、打ち上げで何かわかるのではないでしょうか。

そして、チームβの打ち上げすぐさま入るのかと思いきや、その間に一学年の遠泳がはさまりそうですね。

一学年の太田は近藤に少し、ときめくものがあるようですが、防大内は学生内の恋愛は禁止です。

それが遠泳に挑むにあたって太田になにか足かせの感情にならなければ良いのですが、いささか不安ですね。

恋愛騒動に巻き込まれる近藤はまた〇股とか言われる羽目になるのでしょうか(笑)、次回に期待です。

まとめ

以上、『あおざくら 防衛大学校物語』第222話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『あおざくら 防衛大学校物語』第223話は、週刊少年サンデー18号(3月31日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※