BE BLUES!【第436話】ネタバレと考察・感想!成長を見せる桜庭巧美

BE BLUES!【第436話】ネタバレと考察・感想!成長を見せる桜庭巧美のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年16号(2021年3月17日発売)の『BE BLUES!(ビーブルース)』第436話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第435話第436話第437話

BE BLUES!【第436話】のあらすじ・ネタバレ

因縁の相手

お互いを意識しあい、何度も激闘を繰り広げてきた武蒼と赤城中央の戦いがついに始まる。

試合は武蒼のキックオフで始まった。

持ち前のボール回しでゆっくりと試合を作ろうとする武蒼。

何度も戦った赤城中央は武蒼の戦い方を熟知している。

赤城中央は最初からプレッシャーをかけていく作戦だ。

主導権争い

藤原乃亜が中央から前線に指示を出す。

何としてもマイボールにしなければ赤城中央の攻撃力が活かせない。

まずは主導権争いだ。

武蒼は持ち前のパス回しでフィールドをワイドに使う。

だが、赤城中央もすぐに追い込みをかけてくるため、ボールが落ち着かない。

縦パスでロングボールを狙おうにも、前線の桜庭巧美にはSBがきっちりマークしている。

迂闊にパスを出すとボールを奪われてしまうだろう。

水島恒明が慌てるなとボールを戻すように指示する。

武蒼はいったん落ち着くために自陣営でパスを回していく。

本来のポジションではない青梅優人の所にボールが回ってくる。

それを狙っていたかのように赤城中央FWがチャージしてくる。

だが、本職はボランチやSBである青梅優人の足技には安定感がある。

敵を背負いながらもきっちりとパスを出す。

中央でパスを受け取った水島恒明はサイドにボールを流す。

ワンツーの形でさらに一条龍にボールが渡る。

一条龍のキラーパス

一条龍にボールが渡ると何かが起きそうな気がする。

一条龍はパスを受け取る前に周囲の状況を確認している。

それを察知した赤城中央も直接捌くか、キープするか悩む。

その一瞬の隙をついて、反転した一条龍は自分でドリブルすることを選択した。

一条龍の意外な選択に盛り上がる観客。

キレキレのドリブルに慌ただしくなる戻る赤城中央。

一条龍は横目で桜庭巧美の位置を確認した。

スルスルとダッシュで前方に駆け上がっていく桜庭巧美。

一条龍に注目が集まっているため、完全にDFの背後をついた形になる。

それを見逃さなかった一条龍がドンピシャのタイミングでスルーパスを出した。

絶妙なタイミングだ。

DFが追いつけず、キーパーも飛び出せない。

だが桜庭巧美だけは追いつける。

そのようなパスが通る。

成長した桜庭巧美

シュートモーションに入る桜庭巧美。

今までのデータでは桜庭巧美は簡単にシュートは打たない。

技術を見せびらかすようにフェイントを仕掛けてくるだろう。

それを知っている赤城中央のDFは全力で戻ることを諦めない。

GKも迂闊には飛び出さず、桜庭巧美のフェイントに警戒している。

桜庭巧美はそのままシンプルにゴールを狙った。

完全に意表を突かれたGKが反応できない。

あと一歩というところでDFも間に合わない。

小馬鹿にするように舌を出した桜庭巧美がゴールを決めた。

開始僅か50秒で武蒼が先制だ。

一進一退の攻防が続くと思われた試合だが、桜庭巧美の成長が意外なスタートをもたらした。

先に先制されてしまった赤城中央は作戦を練り直す必要があるのだろうか。

BE BLUES!の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年16号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『BE BLUES!』第436話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年16号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

BE BLUES!【第436話】の考察・感想

何度も戦った相手なので、序盤はゆっくりと進むかと思いましたが、一条龍のキラーパスと桜庭巧美の決定力が合わさり、武蒼の攻撃力が高まっています。

実力のある人のシンプルな速攻が一番怖いですね。

分かっていても止められないというやつです。

武蒼は全体的に強いとはいえ、藤原乃亜と対決する守備陣の方が不安があるので、点の取り合いになった方が勝率が高いかもしれません。

このまま試合が決まることはないでしょうし、絶好調の藤原乃亜がどの程度なのか楽しみですね。

まとめ

以上、『BE BLUES!』第436話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『BE BLUES!』第437話は、週刊少年サンデー2021年19号(4月7日発売)に掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※