葬送のフリーレン【第44話】ネタバレと考察・感想!大魔法使いゼーリエ並みの実力者

葬送のフリーレン【第44話】ネタバレと考察・感想!大魔法使いゼーリエ並みの実力者のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年18号(2021年3月31日発売)の『葬送のフリーレン』第44話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第43話第44話第45話

『葬送のフリーレン』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

葬送のフリーレン【第44話】のあらすじ・ネタバレ

魔法の歴史

ラヴィーネは「氷の矢を放つ魔法」でリヒターを攻撃するが通じない。

どうやらリヒターとラヴィーネにはかなりの魔力差があるようだ。

脆弱すぎるとリヒターがカンネに攻撃を仕掛ける。

ラヴィーネが心配するが、ぎりぎりカンネも防御魔法を展開して防ぐ。

リヒターはままごとのような戦い方に呆れ果てる。

戦い方を見てリヒターはラヴィーネたちを魔法学校の出身者だと看破する。

そして未だに古臭い消耗戦を習っているのかと告げる。

リヒターは余裕があるのだろうか。

そのままラヴィーネたちに魔法史の講義を始めた。

「人を殺す魔法」の対処法として防御魔法が開発された。

防御魔法は魔法そのものに強い耐性を持つが、物理的な性能は昔と変わらない。

昔の防御魔法でも魔物や戦士の攻撃を防ぐには十分な性能だったからだ。

防御に完璧を求める必要はない。

完璧を求めれば複雑になり、発動速度に悪影響が出るからだ。

魔法史とは攻撃と防御の歴史でもある。

だから現代の攻撃魔法は物理攻撃が主流になっている。

リヒターは何かに怯えている?

リヒターは自分が何を言いたいか分かるか?と告げると同時に攻撃を仕掛けた。

防御魔法で防ごうとするカンネに、ラヴィーネは避けろと叫ぶ。

だが、間に合わずに圧倒的質量によるリヒターの攻撃が当たってしまう。

格付けは決まった。

そのまま寝ていろと告げるリヒター。

カイネが起き上がりリヒターに近づく。

ラヴィーネは水使いのカイネが近づいて良いのかと虚勢をはる。

人間の体は水で出来ているからだ。

だが、リヒターは大量の魔力に守られている魔法使いには効かないと告げる。

仮に水が大量にあったとしてもカイネは脅威にはなりえないと宣言する。

本当に嫌な大人だとラヴィーネは言い放ちながら、リヒターの嘘を看破する。

さきほどから戦闘狂のような振る舞いをしているが、リヒターは何かを怖がっているのだ。

遥か高みにいるフリーレン

一方、フリーレンとデンケンの戦いは消耗戦に入っていた。

老体にはきついとデンケンは決着を急ぐ。

「竜巻を起こす魔法」から「風を業火に変える魔法」を併用させる。

甚大な被害が出る魔法だが、大魔法使いゼーリエが張った結界に守られて試験会場の外に被害が出ることはない。

試験官ゲナウが優雅にお茶を飲みながら戦闘を眺めている。

同じく試験官ゼンゼが結界を解析している奴がいると告げる。

ゲナウは誰が何のためにかは分からないが、大魔法使いゼーリエを超える魔法使いなど存在しない

まったく意に返さない。

試験官がそのような会話をしている間もフリーレンたちの戦闘は続く。

「裁きの光を放つ魔法」でデンケンは矢継ぎ早に攻撃を継続させるが、フリーレンは簡単に反撃を返してくる。

ついにデンケンの魔力が尽きた。

最後までフリーレンは基礎的な戦闘魔法しか使わなかった。

これではまるで見習い魔法使いに対する指導のようだ。

カンネたちを信じるフリーレン

フリーレンはデンケンを組み伏せると、周囲にいると思われるラオフェンに呼びかける。

隕鉄鳥を返さないとデンケンを殺す。

そう告げるフリーレンにラオフェンは「高速で移動する魔法」でデンケンを救おうとする。

だが、それはフリーレンの罠だった。

魔力を感知したフリーレンはラオフェンの背後に回り簡単に捕縛した。

デンケンはカンネたちを早く救いに行くべきだと進言する。

だが、フリーレンはカンネたちの勝利を疑わない。

試験官が言っていた結界の解析をする者とはフリーレンのことだった。

結界の外では雨が降っている。

デンケンの敗北を知ったリヒターはガキのお守りは終わりだと身構える。

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年18号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『葬送のフリーレン』第44話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年18号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

葬送のフリーレン【第44話】の考察・感想

ラオフェンとデンケンの関係は良く分かりません。

試験会場で会っただけの関係かもしれません。

でも、ラオフェンの未熟さを知っているが故に助けに来るなと告げるデンケンとデンケンを殺す気がないことを気付いていながらも助けに入るラオフェンはお爺ちゃんと孫のような雰囲気があって微笑ましかったです。

金も名誉も手に入れたデンケンが1級魔法使いに拘るのも、1級魔法使いの許可がないと立ち入れない場所に墓参りに行きたかったというのも切ないですね。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第44話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第45話は、週刊少年サンデー19号(4月7日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!